山佐 パチスロ

山佐 パチスロ

そう言い切るには、友達が少なくて泣けてきそうではあるが、とても大切なものだ

「ネア、もしかしてその服を着たきり?」「ディノ、ケープは護身用ですし、現状の私は、大事な魔物が側にいてとても満たされています

幸せとは、多くを望んではいけないものです」「でも、ネアは割と環境には貪欲な方だし、着替えたいよね?」「ディノ、私は周囲の空気を読める大人の女性です

あなたも好きかも:パチンコ 庄内
私の魔物にもそう育って欲しいと切に願います」ネアは窘めたのだが、魔物は綺麗に微笑んであざとく首を傾げた

返事をしないのが何やら怪しいし、背後ではウィリアムが深い溜息をついている

あなたも好きかも:猪木 スロット 4号機
「ウィリアム、何でこんな格下の魔物に、お前は敬語なのだ?」「サラフ、暇そうだな?よし、仕事をしようか!」またしても不用意な発言をしてしまった風竜は、あっという間にウィリアムに引き摺られてゆき姿を消した

あなたも好きかも:麻雀格闘倶楽部3 スロット 評価
部屋に残されたネア達は、遠ざかってゆくサラフの声を生温く見送る

「あのお二人を見ていると、エーダリア様とヒルドさんとはまた違う、愉快な関係性があるのだなと気付かされます」「ウィリアムは随分前から、あの竜の面倒を見ているからね

確かナジャガルの滅亡の時に、砂の王宮から拾ってきて面倒を見ていた筈だ」「ちょっとした、育ての親でもあるんですね」「とは言え、竜は竜と生きるものだから、五年程で一族に戻していたかな」「もう少し教育が完了していたら、サラフさんはとても素晴らしい竜になったでしょうに」「……ネア、ウィリアムのこと気に入ったよね」ディノのその質問は、若干答え難いものであった

ネアとしては、柔和で面倒見も良さそうなウィリアムの気質は、かなり好きな部類だ

全くの初対面で統一し、見知った限りの魔物を一覧にして並べれば、恐らくウィリアムを選ぶだろう

そもそも、変態はまず選ばない

何が一番大事かで言えばディノなのだけど、好みの人格のタイプであるという事実は如何ともしがたい

「そうですね

とても良い方だと思います

でも、私の魔物に敵うものはどこにもいないので、私は浮気はしませんよ?」「やっぱり気に入ったのか……」「私の語彙ではこれ以上の言葉は捻り出せないので、拗ねないで下さい