パチンコ 低貸し 専門店

パチンコ 低貸し 専門店

《こんな世界で、小さい子供が″妹″を思って、こんなに心を傷める

あなたも好きかも:スロット 北斗の拳 初代
許してやれとは言わないけれど、考えてやってくれ、″エリファス″》幼馴染みの教えられたように、誰にも聞こえぬように心に壁を作り、″妹″になる筈だった胸元にいる恋人に男は語りかける

紅いスカーフの男―――ジュリアン・ザヘトは、この世界のどんな人より、″この世界に出てこれなかった存在″に寄り添って生きてきた

だから、この世界に生きながらいない方が良いというワガママにも聴こえかねない言葉に含まれている″希望″も知っていた

―――賢者だというのに、情けないこと、この上ないだろうな、ピーン・ビネガー?

―――ザヘト様、御言葉が過ぎ……

あなたも好きかも:クィーンズブレイド2 パチンコ ボーダー
まだ泣きじゃくる少女を優しく抱き締めながらも、自分の主を責める言葉を吐く客人を執事が止めようとする前に、賢者が手を上げた

―――やはり、そう見えるのが″正解″だ

―――耳が痛いか、賢者殿?

あなたも好きかも:炎の刻印 パチンコ 保留
―――いや、耳に″痛い事″を言ってくれるのも、また友の証なんだろう

アプリコットは″子供らしい″、纏まりのない言葉で自分の気持ちを未だ吐き出していた

そして、その根底にある考えは、話して通じない相手に、心を乱されるくらいなら、不必要に"戦う"事をさけようと、折角築いた"安寧"を崩すまいと努力するものだった

それから、また一頻り少女は泣いた

それまで幼いながらに、"理不尽"という事を賢い故に分かっていても、過ごしてきたこの領地での悔しさ

やっと、自分の事を″カリン・ビネガー″をとおさずに、アプリコットとして見てくれた旅人が去ってしまった後の寂しさと悲しみ

最近では、人前で会うたびに仕方なく自分を叱り飛ばすけれど、本当は優しくて大好きな母親を決定的に傷つけて、妹を葬ってしまった罪悪感

それらの全ての気持ちを小さな体に押し込めて、混濁させ、そして今体外に押し出すように涙を流す