爆サイ 青森 パチンコ

爆サイ 青森 パチンコ

……いえ、それは本当は良いのです

今ごろ冥界を……」そこで骸骨の兵士は少し言葉を切って、月夜を見上げる

次の言葉を待っていると「ライグァークに一言、"すまなかった"と言わせてください

 ルクネツアを焼き払ったのは間違いだったと……

 それで私も、家族も気が済みます」幽鬼のことはまだ良くわからないが口調や敵意の一切無い雰囲気から何となくこの人は、本当のことを言っているなと理解できたので信用した俺は口を開く

「……分かりました

やってみます」「ありがとうございます

あなたも好きかも:バカラ パルメ
では、娘さんは安全なところへ私が」骸骨兵士は、骨だけの長い両腕を伸ばし、寝ているスカーレットを受け取ると城と反対方向へと連れて行った

あなたも好きかも:ポーカー 交換
ほぼ同時にマイカが走り寄ってきて、俺は手を引かれミズタマと共に門の崩れ落ちた城門から、廃墟の城内へと歩いていく

城内のメインストリートは、適当に並べられた青い灯火が照らし出す、どんよりとした淀んだ空気の中楽しそうに歩き回る様々の種族の幽霊たちや、アメーバのような不定形生物たちに骸骨ミズタマのような透き通った人型、ゾンビの様な腐った人や小型の竜さらには二本足で立って歩く昆虫人間の様な者まで居る

あなたも好きかも:パチンコ ガルパン やめどき
上空を見上げると、俺たちのヘリを打ち落とした幽鬼とそっくりの化け物たちが火を噴きながら飛び始めた

「にぎやかだな」とマイカに話しかけようとする俺の近くにあからさまに様々な形態の幽鬼が近寄ってきて「ちょっともらうわねー」「流れ人だ……人型……人型だ」「旨い……うまあああああいいいいい!!!」などと囁いたり、雄叫びを上げたりしてくる

ああ、こいつら俺の生命力吸ってんのな

どうぞお好きに

と近くで繰り広げられる阿鼻叫喚を無視しながら荒廃し放題の城下町内をミズタマについて、進んでいく

煩わしいが、敵意は感じないので、好きなだけ吸ったらいいわ