パチスロ 機動 警察 パトレイバー

パチスロ 機動 警察 パトレイバー

未だに頭を悩ませ続けるセイヤとシアを見ながら、コレットは大きくため息をついた

「セイヤ、シア

まだわからないの? そろそろ答えを教えるわよ?」 コレットがそう言うと、二人は焦ったように顔を上げてコレットを見た

「ちょ、ちょっと待ってください、母さま!」「そ、そうよ! まだ早すぎる!」 その答えに、コレットはまだ粘れる根性があるのかと感心したが、そういうわけにも行かない事情というものがある

「それは構わないけれど、そろそろ寝ないと明日起きれないんじゃないの?」 結局、セイヤとシアは、夕食を食べて、さらに家族団らんで寛いでいるときもずっと悩み続けていたのだ

あなたも好きかも:パチンコ ドリームw
 とはいえ、さすがに時間が経ちすぎていて、あまり良い状態とはいえなかった

 自分で考え続けるというのはいいのだが、それによって他をおろそかにしてしまっては意味がない

 コレットの言葉に、セイヤとシアは「ウッ!」と言葉を詰まらせた

あなたも好きかも:パチンコ 波 ない
「まあ、今回のことに関しては、貴方たちのことを良くわかっている私が、ちょっと意地悪し過ぎたということもあるけれどね」「意地悪?」 意味が分からずに首を傾げるシアに、コレットは苦笑を返した

話の流れでそうなっちゃったけれど、いかにも重大な秘密がある! ――みたいな感じになったでしょう?」「そう・・・・・・かな」 コレットの言葉に、セイヤが一応納得したように頷いた

 セイヤとシアはあまり意識していなかったが、会話の流れでコレットが言ったように、思わせぶりな展開になっていたことは否めない

 ピーチやミクもそれに加わっていたのだから、二人がそのことに気付けなかったのも当たり前と言える

 そしてそれが、今回の話の肝だといえる