巨乳 パチンコ

巨乳 パチンコ

 そして風音もロクテンくんを起こし、再びジーヴェへと向かっていく

それにより戦いは四対一となったが、体格差、防御力の差、回避率の違いによって双方ともに決定打が欠けた状況が続いていく

あなたも好きかも:アクアビーナス スロット 販売
(しっかし、硬い) そうして続いていく戦いの中で、風音は眉をひそめながらジーヴェを見る

追加されるダメージの多くは英霊ジークの大翼の剣リーンとロクテンくんの龍神の大剣であったが、ネイキッド狂い鬼とユッコネエの攻撃も何度か繰り返すことで鱗をはがすことには成功していた

 一方で黒岩竜ジーヴェの攻撃は、英霊ジークにはほとんど通じず、ユッコネエと狂い鬼のネイキッドコンビの加速についていけてない

炎の一撃もそのほとんどを英霊ジークが天鏡の大盾で受けて止めている

 その流れからして必然的に、攻撃の多くは一番当たる確率の高いロクテンくんに集中していたのだが、風音はマテリアルシールドで受け流し、また攻撃を食らってもロクテンくんの防御力により、どうにか耐えていた

 つまり状況は黒岩竜ジーヴェが鱗と体力を削りきられるか、或いはロクテンくんから崩されていくかの構図となっていた

(けど……ま、この分ならジークの召喚終了までに決着はつくかな) そう考える風音の前では、ジーヴェは苛立ちを露わにしながらさらに攻撃を繰り出してくる

爪や角、牙、尾、それにブレスなどを次々と仕掛けるジーヴェではあったが、その手応えのなさに次第にストレスを溜めてきたのか、瞳の中の怒りの炎が満ちていった

(鱗の隙間から炎が見えた

あなたも好きかも:笑うセールスマン3 スロット 朝一
となると、そろそろか) そして風音が『直感』で次の行動を予測し、英霊ジークと視線を交わす

あなたも好きかも:パチンコ 屋 清掃 バイト
同時にジーヴェが叫び声をあげて全身を赤く輝かせた

『引き裂かれろ、虫どもがっ!』『ジークッ!』「応ともよ

天鏡の大盾『ゼガイ』よ、我らを守れ!」 次の瞬間には英霊ジークが一歩前に出て天鏡の大盾を発動させ、盾の表面に浮かぶ文様を肥大化させてジーヴェを覆っていく

「包み込めぇえ!!」 それがジーヴェを覆い尽くすと同時に、ジーヴェの全身の鱗が周囲に放たれた

『おっと』「にゃー」「うがぁっ」  以前のように放たれた鱗の攻撃のほとんどがその文様によって受け止められ、防御フィールドを抜けたいくつかの鱗がロクテンくんの鎧に突き刺さりこそしたものの、それは大したダメージではなく、『最速ゼンラー』の力で加速していたユッコネエと狂い鬼もそれらをすべて避けきっていた