パチンコ の 動画 が 見 たい

パチンコ の 動画 が 見 たい

あなたも好きかも:スロット 初代北斗 音楽
「えっ? あ、ちょっ、これって」「うん? なんだ?」 そして自称吸血鬼、ヴァンデール・ドラクロワもまた光り出す

その光は名無しの怪物の方へと向かっていく

「名前! 名前言っちゃったら駄目! いや、意図的に奪うつもりじゃなきゃ奪わないから本当は大丈夫なのに! なんで! なんで私は名前取っちゃってるの!?」 彼女は名無しの怪物であり名取りの怪物

他者から名前を奪う力を持つ

しかし、それは相手の名前を知らなければできない

ヴァンデール・ドラクロワは自ら名乗ったため、奪える条件は整った

しかし彼女も無節操に無差別に奪うわけではない

相手の名前を奪うにしてもそれは彼女の意思で、である

あなたも好きかも:織田信長 パチンコ ゆうタイム
だがここで一つヴァンデールが提示した一つの特殊な条件が引っ掛かった

名前を与えるというものである

その言葉、意思が影響し、名取りの怪物に自分の名前を与えるという形になってしまった

ゆえに彼女はヴァンデールから名前を奪うことになってしまったのだ

「あ、ああ……そんな……わたしは……ヴァンデール? え、待って!? これ私の名前!? マジで!? って、そうじゃない! 大丈夫!? 名前、取っちゃったから……消えちゃうよ!」「んんー……そんな感じしなくね?」「えっ」「ふむ

我輩は……うむ、なんだ? 我輩の名前がない? 何とも奇妙なものだ! そうか、お前が感じていたのはこの奇妙さか! 自らの名前がないとはこういうことか! 我輩自分を定義する大事な要素である名、個を示すそれが失くなっているではないか! うむ! すっごーく奇妙な感じだ!」「なんで!? 今まで全員名前奪ったら消えちゃってたのに!?」「それはそいつらが弱すぎたからじゃね? 我輩めっちゃ強いからな」「ええーっ!?」 名前を奪われた存在はその存在を不安定不確定なものとし、そのまま世界から消滅してしまう