パチンコ 鶴ヶ島

パチンコ 鶴ヶ島

「その人たちがいるから、なんて言っていたら

じゃあ、もしその人たちがいなくなったらどうするんですかあなたは」「……」「一人で踏ん張れますか? 出来るんですか?」「……、がんばるよ」「がんばれなかった“結果”が渡翔太であり、その人たちなんじゃないんですか」 責めるように睨む上島に優樹は少し目を見開き、ゆっくりと顔を逸らして俯いた

「あなたは自分を過信しています

そんなことじゃあ、いずれ自滅しますよ」 ふん、と、突き放すようにそっぽ向く上島に、相川は間を置いて俯く優樹の頭を見下ろし、掴み支える彼女の腕を強く握った

「……大丈夫ッス」 頭上から聞こえる声にそっと顔を上げ、目が合うと、相川はにっこりと笑った

「オレたちはみんな、先輩の傍にいるから

あなたも好きかも:パチンコ 笑うセールスマン 新台
周りの奴らのゴチャゴチャした言葉なんて聞き流してればいいんスよ

先輩は、先輩が望むことをやってみたらいいんです」 ね? といつものように相槌を問う相川に、優樹は間を置いてぎこちなく笑って「……うん」と頷き、上島は呆れたため息を吐いただけだった

 ――それから、特に際立った話をすることなく、たまに疲れた足の交代ジャンプをして落ち着く、それを繰り返していたが、それも段々と効果が薄れてきた

やはり、片足立ちを交代しても筋肉の回復が追いつかない

あなたも好きかも:火曜サスペンス パチンコ 遊タイム
 足の疲れからだろう、優樹の腕も微かに震えだし、耐えているのがわかる

それでも弱音を吐かない彼女に感心しつつも、相川は困り、携帯電話を見ている上島に目を向けた

「……あとどれくらいだ?」 上島は「ん?」と顔を上げると携帯電話で時間を確認した

「あと一時間です」 ――訊かなければ良かった

 まだそんなにあるのか、と思うと気持ちが負けてしまう

 もうずっと無口になっている二人に上島は少し笑った

「そろそろ足も限界でしょ?」「……うるせーな」と、勢いはないものの、相川は彼を睨み、ずっと携帯電話を見ている様子に顔をしかめた

「……さっきから何を見てるんだよ?」「ああ、どんなホテルがいいかなー、って検索中です」「ふざけんなっ!」 ギロッと睨み怒鳴った瞬間、足下がぐらついて慌ててバランスを整える

焦る二人に上島は吹き出し笑った