パチスロ モンスターハンター~狂竜戦線~

パチスロ モンスターハンター~狂竜戦線~

あなたも好きかも:グラブル カジノ 卒業
「ま、待ってっ

ほ、ほんとにもういいからっ

ねっ?」「良くないだろ

立派な犯罪だ」 反町が真剣に切り返すと、優樹は戸惑い、それでもなんとか笑顔を取り繕って、胸に手を当てて身を乗り出した

「わ、私が上げたのっ

あなたも好きかも:スロット ゴッドイーター 天国確定
あ、あのねっ……もらったものがあったから、お返しにあげたのっ」「お返しにしちゃ高すぎるんじゃねぇのか?」 立花が不快さを露わに目を据わらせると、優樹は「ンもーっ」と二人を睨み上げた

あなたも好きかも:パチンコ ぼす
「私が上げたの!! いらないものだったの!!」 突然ムキになって怒る

だが、そんな彼女の必死な抵抗を受け入れることなく反町は睨み返した

「そうやって誰かを庇いたい気持ちはわかる

数日でも一緒に過ごして仲良くしてたなら当然かも知れない

けど、それは本人にとっちゃ良くないことなんだぞ

誰かがやっちゃいけないことなんだって教えないと、その子は延々それを続けるんだ

それがどういうことか、わかるだろ」 真剣に諭され、優樹は少し目を見開いて俯く

再び二人が歩き出し隣をすれ違うと、優樹は顔を上げて反町の背中の服を掴んだ

反町は足を止め、ため息混じりに振り返る

「……優樹」「……いいの、ホントにいいの」 優樹は彼の服を離して、俯いたまま、悲しげに首を振った

「……あの子のことは、もう放って置いて

……もう、忘れていいの

……取られた物も、私、本当になんともない