まどマギ aタイプ

まどマギ aタイプ

 さまざまな状況に主人公を叩き込み、「心」が壊れてしまうのではないかと読み手を不安がらせるのです

あなたも好きかも:vegas pachinko toyokawa
 読み手はハラハラ・ドキドキしながら読み進めることになります

 その壊れてしまいそうなギリギリの状況をなんとかして耐え抜き、希望が訪れるのを待ち続ける

そんな小説が多いのです

あなたも好きかも:プロレスラー パチンコ
「文学小説」とはそういうものなので、「ライトノベル」を含めた「大衆小説」と比べて派手さがありません

「文学小説」を読んで「楽しかった」と思う読み手はまずいないでしょう

 おおかたが「安堵感」か「喪失感」を味わいます

 それを「高尚」だと思っている文壇の重鎮が居座っている限り、その状況は変わらないでしょう

 またそういった重鎮によって「芥川龍之介賞(芥川賞)」「直木三十五賞(直木賞)」を授かった書き手が「芥川賞」「直木賞」の選考委員になります

 そうなれば「心」の「繊細さ」「脆さ」をテーマにして「心が壊れてしまうのではないか」という小説がまた授賞していくのです

 ある意味で小説の描く「心」がまったく成長も変化もしてこなかった分野が「文学小説」だといえます

それを「純文学」と呼ぶのかもしれません

 となれば「純文学」とは「楽しめる小説ではない」ということになります

あなたも好きかも:スロット トモラー
マンガをよく読む中高生が「読んで楽しくない小説」を読みたがるでしょうか