ブラックジャック 薬剤師

ブラックジャック 薬剤師

 出発に丁度いいこの日を、バネップは選んだのかもしれないと思いながら、木幕も仲間の元へと歩いていった

 魔族領は、ここを出てすぐだ

あなたも好きかも:あの花パチンコ
 しばらくは雪に覆われている大地が続いていたが、半日もすれば雪は山の上の方でしか見受けられなくなっていた

 歩きやすくなった道を、馬車は移動する

 炎で雪を溶かしているので、今回は馬を持ってくることができたのだ

 馬車を動かすだけの数しかいないが、これだけでも十分である

 ここから一ヶ月

あなたも好きかも:パチンコ 電 チュー
 人間軍は道の魔族領を突き進むことになったのだった

人間軍は順調に魔族領を突き進んでいた

あなたも好きかも:アステカ スロット 設定変更
 魔王軍の徴兵が行われている為かは分からないが、ここまで来ても魔物には一匹たりとも会っていない

 最前線はウォンマッド斥候兵数十名が担当し、索敵をしながら進んでくれている

 さすが斥候兵とだけあって、仕事を確実にこなしてくれていた

 彼らのお陰で旅の安全が確保されていると言っても不思議ではない

 この辺りは切り立った山が多い

 はげ山で木の一本も生えていないが、魔素は多く漂っているらしい

 魔族や魔物にとってはとても居心地のいい場所となっている様だ

「……静かだなぁ……?」「そうですね」 槙田と西形が前線の部隊を率いて呟いた

 槙田がレッドウルフを見て、訝しむ

「で、なんでこいつだけついて来たんだぁ……?」「んー……多分ですけど、レッドウルフはローデン要塞の付近を棲み処としていて、そこを魔王軍に壊されるのが嫌だったから、一時的にこちらの味方として仲間になってくれたようです」「本当かぁ……?」「多分ですけどね