パチンコ 台選び 夕方

パチンコ 台選び 夕方

あなたも好きかも:スロット ダービー
 召喚が上手くいけば、新しい召喚獣になるので、第四十六層に行く前に、ナナとワンリの居る階層にも寄って行くことにした

 考助が召喚するところを一緒に見ていれば、初対面の時に、敵認定することもないだろうと思ったためだ

 そう言うわけで、ナナたちの所へ向かうことをみんなに告げると、今回は珍しく全員が揃って行くことになった

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ まずはナナのいる第九層に向かった

 ところが、である

あなたも好きかも:スロット モンハン 狂竜戦線 画面
 考助が第九層の転移門をくぐった途端、大きな塊が考助に向かってきた

 流石にそれを見逃すコウヒとミツキではない

 ・・・と思っていたのだが、なぜかその時は考助にその大きな塊が突進してくるのを見逃した

 理由は簡単である

あなたも好きかも:ペルソナ5 カジノ bgm
「・・・え!? お前、ナナか?」 その塊がナナだったからだ

 半信半疑ながらも考助は、ぺろぺろと自分を舐めてくるナナを観察した

 元は中型犬くらいの大きさだったのが、大型犬を一回り以上超える大きさになっていた

「いや、さすがに変わりすぎだろう・・・」 さすがに唖然として、考助はナナに顔を舐められている

 コウヒとミツキを除いたメンバーも、考助と同様に呆気にとられていた

 ちなみに、コウヒとミツキが驚いていないのは、考助が研究をしている間に、ここに来ていたからだ

 そこまで大きくなって顔を舐められていると、じゃれているというよりも、襲われているという言葉の方がしっくりと来る