ブラックジャック 53話

ブラックジャック 53話

当事者であったフリード様よりも私の方が客観的な話が出来るかと思います」 勇者の……って、そうだったそうだった

ミラは勇者の力に——自己治癒の呪いに色々教えて貰ってたらしいな

いや、呪いに説明貰うってどういうこと……?「フリード様は一度瀕死にまで追い込まれ、しかし自己治癒の呪いによって蘇生されました

私の手を介すること無く、恐らくは召喚の際に紐付いた縁によって

その際に……その……」「ああ、構わないでくれ

あなたも好きかも:うみねこ スロット 実機
それが事実だ

己の中にあった精神性——敗北しないという特性は既に形骸化していた

あなたも好きかも:りゅーこ スロット 公約
それを洗い流す様に、彼が己に新たな力を与えてくれたのだ」 蘇生……自己治癒によるものだったんだ

なるほど、むしろその方が納得か

それ以外は……なんとなく聞いてた話の通りかな

ミラは少しだけフリードさんの様子を窺って、でもそれがかえって失礼なことだと思った様で、小さく頭を下げてからすぐに胸を張って説明を再開した

あなたも好きかも:出 玉 ランキング スロット
「先ほど説明した通り、今回の世界に訪れる筈だった終焉は進化の剥奪でした

特別なものからの管理

原因がそこにある以上、特別であるもの——異世界からの使者である私達によっての救済は不可能です

フリード様もそれを理解しておられました」 ミラの説明にフリードさんは小さく頷いた

大体合ってる……ってことかな? しかし……この役、僕の仕事だった筈なんだけど……? 召喚された先で何があったかをマーリンさんに説明する係、僕の当番だった筈なんだけど……っ⁈「勇者様がフリード様に与えられたのは、軍勢を前に決して敗北しないという呪い