パチンコ ルパン 三世 セグ

パチンコ ルパン 三世 セグ

 死ぬために何かを目指そうともしない

 自主性を失った魔王はただ虚無を見つめている

「おやおや、以前お会いした時と全く同じ姿勢ではありませんか

少しは動かれた方が気分も優れるでしょうに」 そんな蒼の魔王のいる玉座にやんわりとした声を出しながら歩み寄る一人の少年がいた

 緋色の首飾りを揺らしながら、自信に満ち溢れた笑顔を蒼の魔王へと向ける

あなたも好きかも:ドラクエ8 お金稼ぎ カジノ
「ラーハイト、また来たの……元気そうね……死にたい……」「また来ると言ったではないですか、蒼の魔王様」「そうだったっけ……耄碌したのかしら……死にたい……」 ラーハイトは蒼の魔王の溜息を気にも留めずに話す

「緋の魔王様からの用件もほぼ順調に進んでおります

再(・)侵(・)攻(・)もそう遠くないでしょう」「そう……また戦争になるのね……死にたい……」「死ねる保証は与えられませんが機会は用意できますよ」「はっきりと言ってくれないのね……嘘でも死ねるって……死にたいのに……」「それは貴方の行動次第ですよ

あなたも好きかも:パチンコ ルパン 狙い 目 回転 数
また復活しても問題ない程度の魔王としてならば貴方の望む結果は与えられないでしょう

ですがかの黒の魔王程に人間達に脅威を与えることができればきっと、彼等も本気で貴方を完全に滅するよう努めてくれますよ」「『黒』……どうして貴方だけ蘇らずに済んでいるの……嗚呼、死にたい……」 何を言っても蒼の魔王は悲観に暮れる

あなたも好きかも:東洋 パチンコ 広島
 だがラーハイトの言葉はしっかりと彼女に届いている

「言葉通り、死ぬ気で頑張ってください

貴方の『殲滅』の力は貴方がその気になれば際限なく発揮できるのですからね」「一度くらいは全力を出してみるわ……嗚呼、そのまま死にたい……」「それでは失礼致します」 ラーハイトは蒼の魔王に一礼し、城を後にする