パチスロ 龍が如く ソウルストック

パチスロ 龍が如く ソウルストック

田舎の村で、引きこもるのも性に合わないから、外に1人で出てみればいつの間にか、グロリオーサの側に、スカーフを巻いた男の子がついてきていた

理由はわからないけれども、屋敷の外に出て散策をしていたなら、気がついたら側に首にスカーフを巻いた同年ぐらいのジュリアンが気にならない距離を保って付いてくる

"共"に動いていれば村人達から、"どうして側にいるんだ?"とグロリオーサの方は見ないで、見慣れた優しい気の回る少年に尋ねたなら、"王都の話を聞きたいんだ"という目的を話していた

あなたも好きかも:スロット 勝てない 理由
だが、口でそう言う割りには、ジュリアンはただ側にいるだけで、何もグロリオーサに尋ねてくることはなかった

付きまとわれる事は不可解ではあったけれども、"寂しい"という気持ちを王都か来た少年から、遠ざけてくれていた

陽がなくて天を見上げることはまだ出来ないけれど、項垂れていた"頭"が、俯き、下がることは、なくなった

けれど、上の見上げ方が判らなくなっている内に、丁度自分の子供の目線になったなら、直ぐに教会で幼児を世話をする少女の存在に気がつく

 最初、遠目から視たその姿に、はっきりと似ている所なんてなんてないのに、王都で自分にはっきり"別れ"を告げたあの人を思い出させる姿だった

あなたも好きかも:ゴッドイーター スロット 天井恩恵
幼い子どもを世話する様子―――誇り高く"自分が愛している者と向かい合う姿勢"は、どうしても何も疑うこともなく、あの場所にいた、幼い頃の自分とあの人を思い出させる

"あれ?誰か"おかあさん"を思い出して、泣き出しそうな子はいない?"突如、自分が見つめていた女の子がそんな事を口にする

そして、女の子は身を屈ませ、懸命に幼い子ども達の一人一人の顔を丁寧に見つめて、確かめていく

"大丈夫、おかあさんがいなくても、おねえさんがいるからね~"その時、グロリオーサは逞しい眉で眉間にシワを刻み、"怒っているような"表情をになっていて、距離も空いていて、そしてまさか心の声が、あの少女に聞こえるなんて思っていない