プラントピア パチンコ

プラントピア パチンコ

 でもって負ければ自分の取り分も減るのに気づいたのか、すごい顔で睨んできた

 俺が悪いのか、今のは

「続けるわよ

カードを」「その格好、似合うよ」「私は、そんなに安くないのよ」「明日には、嫌でも店に出てもらう」 下品に笑い、カードを滑らせるオーナー

あなたも好きかも:dq5 スロット 当たりやすい
 今度は「A」 途端に緒方さんの顔がほころび、掛け金を倍にした

あなたも好きかも:スロット 5円 換金率
「あのさ、ギャンブルの経験あるの?」「いつも負けるから、一度お金を気にしないでやりたかったのよね」  渡瀬さんの質問に、怖い答えを返す緒方さん

  次のカードは「8」 11と8なら19で、勝ちは固い

あなたも好きかも:11月 パチンコ 誕生日
「もう一枚」 前世が猪なのか、即座にカードを要求する緒方さん

 来たのは「13」 「A」を1にしても22で、やはり豚

「いかさまじゃないの、これ」「さっき止めれば19だったよ」 冷静に指摘する渡瀬さんの声も聞こえないのか、今度は無言でカードを要求する

「ちょっと待った

そちらのお二人も参加されますか

外馬で」 勝負にではなく、俺とオーナーどちらが勝つかへの賭け

 すると官僚は、なにやら口元で呟きながら掛け金をオーナーのマークに賭けた

ひどい」「悪いね」「この埋め合わせは、必ず」 必然的に二人は緒方さんから離れ、オーナー側へと座る

 つまりは緒方さんを敵として、賭けの商品とでも見立てているのだろう