マカオ カジノ スロット おすすめ

マカオ カジノ スロット おすすめ

 私たちは再度、お互いのスタート地点まで戻った

 多くの技の応酬だったが、結局は振り出しだ

「――僕ガ、まモ、る……

ぜったいに……」 そして、そのスタート地点でカナミは呟く

「守るよ――、あはっ、――はハっ、あハハハはハはっ!!」 笑いながら、ふらつく

 いまにも倒れそうだ

あなたも好きかも:パチンコ ホール リスト
 限界を超えているのは間違いない

あなたも好きかも:北斗の拳 新台 スロット
ろくに魔力を練ることすら出来ていない

 使えたとしても血反吐を吐くような苦しみの末、簡単な初級魔法程度が発動するだけだろう

 なのに、勝てない

あなたも好きかも:大阪 スロット したらば
 得意の次元魔法をカナミは使っていない

 それどころか、いまのカナミは――何も考えていない可能性がある

 ただ「守ること」だけしか考えていない

それ以外の思考はゼロ、全てが反射的な判断だけ

この世界で見て学んだ技を、次々と適当に使っているのみ

小難しいことは考えず、ただただ適当に―― なのに、弱くない

「なにこれ……

もしかして、次元魔法に頼らず、余計なことを考えないカナミのほうが強い……?」 私は冷や汗を流す