鹿児島 スロット専門店

鹿児島 スロット専門店

 命中してからすぐに炸裂し、猛烈なメタルジェットでサラマンダーの太い背骨を貫く

更にメタルジェットが纏う爆風は肉を抉り、外殻と肉の間に入り込んで背中の内側を焼き尽くすと、外殻の裂け目から焦げた血肉を伴った火柱として噴き上がり、サラマンダーの肉体をズタズタに破壊した

『ガ……………ァ………』 小さな声を上げながらも、サラマンダーはやっと立ち上がった

しかし背骨がメタルジェットに貫荒れているせいなのか、すぐに再び草原の上に倒れ込んでしまう

 それからは、もう足掻くこともなかった

悲しそうな両目で何かを見つめると、その瞳から血涙を流し、すぐに動かなくなる

あなたも好きかも:パチンコ パラッツォ 吉祥寺
「や、やった………倒したわよ………!」「は、ははっ………! やりましたね、クラン! 坊や(ブービ)!!」 仲間たちがサラマンダーの討伐に成功したことに喜ぶが、俺は何だか違和感を感じた

 サラマンダーの奴は、何を見ながら力尽きたのか気になったのである

あなたも好きかも:パチスロ クソ
逃げようと足掻いていたというよりは、死ぬ前にその何かを目にしてから死のうとしていたようにも見えたのだ

俺はすぐに双眼鏡を覗き込み、サラマンダーの顔の先にある一帯をズームして――――――すぐにそれを見つけた

あなたも好きかも:偽物語 スロット よつぎタイム 条件
 あれは何だ? 石ころか? 更にズームしてみると、それはすっかり錆びついて朱色になってしまった金属製の何かだった

何かを埋めた跡のある地面の上に、その錆びついた金属の小さな塊が、まるで墓石のようにそっと置かれているのだ