スロット 2ちゃん まとめ

スロット 2ちゃん まとめ

そして蔵書の数冊の本に書かれている通り、恋をした女性は魅力的になると書いてあったのは間違ってはいないとも思えた

確かにグロリオーサが訪れてからの数日、仲の良い同期の料理人は、粋でもあったが、今まで以上に料理を楽しそうにつくっていた

"マーサは料理を作る時は、いつも笑顔で話してくれるからな"そして、味も今までも十分美味しかったが、ここ数日中、不思議とさらに美味しく感じるものが料理の中にあった

彼女が作った料理達には、言葉にも文字にも表現しがたい気持ちが込められていて、ただ一人の人の笑顔をみたい為に作られていたのだろう

"あと、今までの礼を言わないといけないしな

本当に美味しかった、ありがとうって、伝えないと"『―――失礼します』ロックはまず、客人にあたるアングレカムの前に紅茶を置き、次に自分の主の前に置いた

多分、執事の同期になる志高い料理人の女性の心に芽吹いた、小さな"芽"は2人の知恵者の間では摘み取られる事で話が進められているのも判った

あなたも好きかも:遠隔 操作 スロット
―――口は挟まない、けれども恐らく心を痛める事になる友人でもある同期を思うと、僅かに唇を噛んでしまっていた

あなたも好きかも:若葉駅 スロット
そして主であるピーンが言っていたように、高い志しを持っている料理人さえを心惹かれる人物に、好意的な気持ちを抱くことがで出来ない自分

それは、ロックの心に大層大き影をおとしてもいた

(―――皆が認めて、慕われる人の事をどうしても好きになれない私は、やはりどこかおかしいのだろうな)それに加えて、口には出してはいけないと判っているロックの中での"決まり"

彼の人の伴侶と家族とどんなに巧くバランスをとって、この領主邸の執事としての居場所があったとしても

伴侶の人と時には涙が出る程笑いあっても、同期の友人と茶を飲みながら、有意義な討論をして意見を交わしあったとしても

ロックの依存の根底にあるのは、目の前にいる"ロブロウ領主"という人の"存在"だけがいればという本音

『グロリオーサ自身、持ち前のカリスマを発揮すれば誰にでも、惹き付け慕われ好かれる人物であるというのは、私にも判る

私、ピーン・ビネガー個人としてそうであるからな』そんな依存しているロックの気持ちを意に介さずに、主は話を進めていく

でもそれでこそ、自分が依存先として選んだ人らしいとも思う

(まだグロリオーサ様が本人がいらっしゃらないから、こうやって話を聞く事も耐えられる)主が、ロックの為を思い、また必要としてくれた"証"に与えてもらったロブロウの領主ビネガー家の執事という″仮面″を必死に被っる

その下に闇色した滾(たぎ)るような嫉妬を懸命に隠しながら、給仕をロックは努めた