秋田 パチンコ バイト

秋田 パチンコ バイト

「これはすごいなあ」「私が以前見たときよりもさらに拡張されているようだな」 大きな港に貿易船が次々と出たり入ったりする様子を見ていた考助に、フローリアも満足げに頷いた

「そうなんだ」「うむ

前に来た時点で、拡張計画が上がっていたくらいだからな

あなたも好きかも:パチンコ 当たらない 続かない
いまはその計画よりもさらに進んでいるようだな」 船が停泊する港は、いくら拡張しても足りないような状態で、東大陸との貿易が増えている

 そのため、東の街にある港は、常に拡張工事がされているような状態なのだ

「そうみたいだけれど、そろそろ拡張場所がなさそうに見えるけれど?」 ぐるりと周囲を見回した考助は、そう感想を漏らした

 現在作られている港といまある港を除くと、大型の船が停泊するための港を作れそうな場所がほとんど無くなっているのだ

あなたも好きかも:パチスロ アステカ 太陽の紋章
「・・・・・・そうだな

それがいま一番頭の痛い問題だろう」 ため息をつくように言ったフローリアに、隣で話を聞いていたシルヴィアが頷いていた

 当然といえば当然だが、セントラル大陸の海岸は港が作れるような浅瀬だけが広がっているわけではない

 むしろ、船が停泊できる浜辺の少ない大陸なのだ

 そもそも簡単に港町を作れるような大陸であれば、他の大陸に比べてここまで発展が遅れることは無かっただろう

 ラゼクアマミヤが急速に発展できたのは、転移門という港による貿易に頼らない手段を得たことも大きな理由となっている

 とはいえ、転移門だけに頼るわけにもいかず、港の拡張が急がれているのだが、中々いい場所が見つからないということもまた現実なのである

 港から街へ視線を移したシュレインが、ふとなにかに気付いたような顔になった

「街の拡張は終わっているのかの?」 東の街の陸側は、まだまだ平地が広がっている

 ただ今のところ、その平地を使って街の拡張工事が行われているようには見えない