スロット アクア 魚住

スロット アクア 魚住

完全に不意打ちを受けるような形で倒したかつての魔術師も康太が一対一で戦っていたらまともに倒せたかは怪しいものだ

しかも相手は自分より格上である可能性のある術師、そんな存在を同時に相手にするという時点で康太の勝ち目はすでにないと言って良いだろう

「それで?文としてはどうなんだ?こいつに手を貸すつもりなのか?」「私は今回直接的には協力はしません

康太の戦いを外部に漏らさないようにサポートに徹するつもりです」「・・・なるほど、康太の実力を把握させないためか

精霊術師が背後の連中の捨石であるという読みだな?」「はい

師匠にアドバイスを貰ってそうしたほうがいいと思いまして」文の師匠、つまりはエアリスのことが話題に出たところで小百合の眉間にわずかに皺が作られる

話題に出る事さえも嫌なのかと康太たちは若干辟易していたがそんなことは今はどうでもよかった

あなたも好きかも:エレクトロニックダンス ブラックジャック
問題は小百合も件の精霊術師が斥候、あるいは捨石扱いされているということに気付いているという事である

あなたも好きかも:パチンコ 寝台 情報
「師匠としては相手の精霊術師はどうするべきだと思います?叩き潰す以外の回答をお願いします」「なんだ、前にも同じことを聞いた気がするが・・・まぁいい

叩き潰すのがダメなら懐柔してしまえばいい

格の違いを見せつけた後で少し優しく歩み寄ってやればすぐにすり寄ってくるだろうさ」「結局のところ倒すことは倒すんですね・・・まぁわかってましたけど・・・でも優しく歩み寄るって具体的には?」「相手が求めるものをこちらが用意してやればいいだけの話だ

幸いにしてこちらにはエアリスの弟子がいる

そして真理もいる

協会へのパイプも魔術師としての恩恵も受け放題だ」「あー・・・恩恵を餌にしてこっちの勢力に引き込んでしまおうと、つまりはそう言う事ですか」そう言う事だという小百合に康太は意外そうな目を向けていた

なにせ康太の考えとしては小百合は叩き潰す以外の考えがないものだと思っていたからである

相手を敵のまま放置するのではなく味方に引き入れようとする考えを見せるあたり小百合も何も考えていないというわけではなさそうだった