a-1 パチンコ 町田

a-1 パチンコ 町田

 ラグナには、感謝してもしきれない

 それは、ファリアのみならず、ミリュウやレム、シーラたちも想っていることだろう

あなたも好きかも:フラッシュ ゲーム スロット
だから、だれも不満を口にしなかったし、セツナに甘えるラグナの姿にかつてのやり取りを思い出して、嬉しそうに微笑んでいるのだ

ラグナは、だれからも愛されていた

『そうしてやりたいのも山々だが……』 マユリ神の申し訳なさそうな声が通信器から聞こえて、ファリアはミリュウと顔を見合わせた

「どうしたの? マユリん」『敵だ』「敵!?」『ネア・ガンディアの飛翔船が三十隻、我々を包囲している』 淡々と告げてくるマユリ神だったが、その想わぬ報告にファリアたちは愕然とした

周囲の空中に映写光幕が現れ、無数の船が映し出される

それはまぎれもなく飛翔船であり、光り輝く翼を広げる船の数々は、確かにこちらを包囲しているようだった

「はあ!?」「三十隻!?」「いつのまに!?」「なんでいまのいままで気づかなかったのよ!?」 ミリュウがマユリ神の幻像に食ってかかると、マユリ神はなんともいえない顔をした

『警戒を怠っていたわけではないぞ

いまのいままで、敵は影も形もなかった』「じゃあなに、突然どこからともなく現れたってわけ!?」『そういうことだ』「はあ?」「空間転移……?」『うむ

ネア・ガンディアはついに船団を空間転移する手段を手に入れたということだろう』「……でも、そうか