佐世保 パチスロ

佐世保 パチスロ

そしてリビングへの扉をESPで開けてから、ようやく旗姫は驚きから現実に戻った

「あの――」「気にするな」「いえ、そうは言われましても……理解が追いつかぬばかりで」「ESPと呼ばれているものだ

あなたも好きかも:パチスロ 現行 最強
俺もあやめも、そして旗姫も扱えるだろう

その話もしてやるがとりあえずは――」 リビングへと足を踏み入れた鬼灯はしかし、ぴたりと足を止めた

 赤チェックのスカートにワイシャツ、ネクタイもまたスカートと同じ柄のもの

ただしきちんと締めていない――そんな背丈の小さな少女が、ソファに座っていて、言う

「よお」「刹那、小夜様……?」「邪魔してるぜ」「――」 何故ここに、どうやって、などという疑問が頭を巡るが吐息一つで鬼灯は押し留める

あなたも好きかも:大曽根 パチンコ屋
テーブルに並んでいる手軽につまめる料理も、少なくとも昨日に確認した冷蔵庫の中にはなかったもので、どのような手段にせよ家に入った時に気付かなかった鬼灯に落ち度もある

 少なくとも刹那小夜は、それだけの技術を持っていることになり、文句を言うのは理由を聞いてからでも遅くはない

「何用だ」「大したことじゃねーよ

あなたも好きかも:ドン・キホーテ スロット屋
ただ、あの場で話したってしかたのねーことだからな

とりあえずそっちの話を済ませろよ、オレのこた気にするな」「そう言われてもな……旗姫、こっちに座れ」「あ、はい」「オレに警戒は無意味だぜ?」「そうだとしても、俺がお前の隣に座ったらあやめに何と言われるかわからん」「――べつに何も言いませんが

いらっしゃいませ、刹那さん」「おー、だそうだぜ?」「……ならいいか

ああ、灰皿も出してくれあやめ」「はい」「悪いな

――で? 金銭関係の話なんだろ?」「何故そう考えたのか聞いてもいいか」「どう考えたったそこにたどり着くじゃねーか

なあ旗姫」「はあ……そうなのでしょうか」「――まあいい

口座開設時に気にしていたようだから、改めて現状を話そう

とはいえ推測も絡む問題だ