スロット hanabi ハズレ

スロット hanabi ハズレ

一瞬康太たちはそれがなんであるのか理解できなかった

だがそれが巨大な土の塊であるということを気づくと、倉敷が即座に大量の水を作り出して土の攻撃を防ごうと、そしてそのまま押し流そうと反撃する

倉敷にとっても、大規模な術の乱発は避けたかっただろうが、相手がいきなり大規模な魔術を撃ってきたのであれば仕方がないと割り切っているようだった

あなたも好きかも:ひぐらし の なく 頃 に 絆 パチスロ
消費魔力など気にせずに、まずは自分たちの身を守ることを優先して襲い掛かってくる土の塊を水の流れで削り、押し流していく

土の勢いを倉敷の水が押しとどめたのを確認して康太も動いた

あなたも好きかも:パチンコ 初心者向け
ウィルの中に入れていた双剣、笹船のうちの片割れを掴み、両手で構えて思い切り真上から振り下ろす

拡大動作によってその康太の振り下ろした軌道そのままに巨大化された斬撃が魔術師四人に襲い掛かる

水を裂き、土を割り、その先にいる魔術師たちへと斬撃が届くが魔術師たちはその斬撃を真横に跳躍することで回避していた

「ベル、トゥトゥ、あの小さいのは俺が受け持つ

あなたも好きかも:起業 失敗 2ch
それ以外は任せた」先ほどは五人も請け負っていたというのに、今度は一人だけ請け負うという康太の言葉に、文も倉敷もあの魔術師がかなり危険な存在であるということを瞬時に理解していた

斬撃をよけたことで魔術師たちはちょうど二手に分かれた

これを逃す手はないなと倉敷は康太が作った切れ目から大量の水を流し込み、対峙していた魔術師たちを強引に分断するべく水流を作り出す

康太は笹船をウィルの中にしまい、竹箒改を掴むと勢いよく前へと飛び出す

それを補助するかのように文は風を作り出し、倉敷と同じように相手を分断するべく攻撃魔術を放っていった

康太が襲い掛かった小柄な魔術師はすでに康太のことを認識していた

康太の出で立ちから接近するタイプの魔術師であるということを認識したのか、このまま水に流されている状況は良くないと判断し、即座に周囲の地面を隆起させて水の流れを無効化する

そして三人の中で康太が一番の実力者であるということを理解したのか、一緒に流されていたもう一人の魔術師を土でできた巨大な手でつかむと強引に投げて文たちが足止めしようとしていた二人のほうへと投げた

康太の足止めは自分がやるとでもいうかのようなその対応に、奇しくも相手と利害が一致したことを悟って康太は薄く笑みを浮かべる

土を操る魔術師