パチンコ 五反田 等価

パチンコ 五反田 等価

冬の間、おそらく必死に作った物を「設計図通りにできていない」という一言で不合格にされて激昂するハルデンツェルの職人達と、「何と言われても不合格は不合格だ」とこんな時ばかり職人らしい頑固さを発揮して睨み合うヨハン

 どちらも主張としては間違っていないけれど、見学している貴族がたくさんいる中での剣呑な雰囲気は非常によろしくない

緊迫した雰囲気に、わたしは思わず双方の間に割って入った

「ヨハン、わたくしにも見せてくださいませ

金属活字はもともとわたくしの注文した物ですから」「ローゼマイン様……」 領主の養女であり、客分としてもてなされる立場のわたしが職人の領分に首を突っ込んだことに、職人も貴族も含めた周囲がざわめいた

しかし、そのざわめきを完全に無視して、わたしはヨハンが選別していた金属の台の上に不合格と合格それぞれの金属活字を四つほど積んで、四方八方から眺めていく

「……あぁ、確かにこれはダメですね

この部分でしょう?」「そうです」 わたしが示した部分にヨハンが頷く

あなたも好きかも:烏丸 パチンコ
こうして合格と不合格を比べれば、ほんのわずかだけれど、傾きや長さの違いがあるのがわかる

あなたも好きかも:マハラジャ スロット
金属活字は、この「ほんのわずか」が致命的な問題なのだ

ヨハンが初めて持ってきた金属活字にはなかったことを思い出し、他人と比べることでヨハンの技術の高さに改めて驚かされた

「これだけ傾きがあれば、印刷時に文字がぶれるので、これは使えません

あなたも好きかも:キャッスル・ビルダー II
こちらはこの部分の処理が甘いです

印刷する時に紙が痛みます」「は!?」 わたしはハルデンツェルの鍛冶職人達に、小さい金属活字を指差して、不合格が出ている部分を一つ一つ説明していく

 職人達の表情に「細かすぎるんだよ!」という思いが浮かんできた