ff132 カジノ

ff132 カジノ

守られる立場とはいえ、隙があれば加勢くらいしても良いだろう

「交渉役なら、扉から来ると思うんですけどねぇ…」 と、相変わらずの緊張感無い声音でマルが言い、あ

と、気付いた様に顔を上げた

「片足が無いですから、変則的な足音でしたら、交渉役ですよ」 それを聞いたサヤが、即座に床に寝そべった

あなたも好きかも:シンフォギア パチスロ pv
「…………はい

杖? のような音がします」「義足でしょう

なら交渉役ですね」 床に伝わる足音を聞いたらしい

起き上がったサヤは、窓の外にもう一度警戒を飛ばしつつ、逡巡する素振りを見せた

するとギルが「俺が行く」と、扉の外に向かう

 扉を開け放したまま、出て行ったギル

暫くすると「あらぁ? 気付かれたのねぇ」と、女性の声がした

あなたも好きかも:高砂 駅 スロット
え⁈ 女性⁇「思ってたより手練れなのねぇ