南区 パチンコ 店

南区 パチンコ 店

キルヒバッハ将軍 このキルヒバッハの命令により、遂に第5軍団が動き出します

あなたも好きかも:株式会社朝日 パチンコ
その第一線は右翼(北)が第37連隊の2個大隊、左翼(南)は第50連隊の2個大隊でした

 右翼はヴルト付近で、左翼はシュパヒバッハ付近でそれぞれソエ川を渡河し、右翼の第37連隊本隊には砲兵部隊の護衛任務に就いていた第1大隊第4中隊が命令を無視して合流しますが、誰も文句は言いませんでした

あなたも好きかも:スロット 代打ちとは
 この第20旅団の攻撃は第一目標をエルザスハウゼンとして始められ、37連隊の第2大隊は再びヴルト部落に入るとやはり敵兵がいないことを確認、部落から厚木板とホップ栽培用の支柱を調達し落とされた橋を応急修理、ソエ川を渡河して行きました

この仮橋は通過する部隊が次々に手を加え強化したお陰で、30分ほど後には騎兵も楽に渡れる強度を得るのです

 ヴルトの北と南でも同時に37連隊の両翼が渡河を終了し、これでヴルト部落は西の郊外まで普軍の手に入りました

 その間、仏軍も手を拱いていた訳でなく、砲兵こそ苦戦中で砲撃を加えることがまれにしか出来ませんでしたが、高地に陣取る歩兵たちはシャスポー銃を撃ち続け、その威力により次第に普軍の動きは鈍くなって行きます

あなたも好きかも:パチンコ 北斗の拳 百烈乱舞
 この射撃を冒して37連隊第2大隊と第3大隊はヴルト西側の斜面を登り始めますが、仏兵はしっかりした塹壕や土嚢の後ろから射撃を繰り返し、遮蔽物に乏しく、ブドウやホップに邪魔されながらも苦労して登る普軍兵士は、仏軍陣地から丸見えの斜面で次々と倒されて行きました

 ヴルト西部で戦う第37連隊 この高地上のフロシュヴァイラー部落には、仏第1軍団長にしてアルザス在の3個軍団を束ねるマクマオン大将がいました

 マクマオン将軍はクリミア戦争での大活躍からイタリア独立戦争、アルジェリア植民地における反乱鎮圧など、その勇猛果敢な敢闘精神と優れた戦術眼により世界中にその名が轟く名将でした

 大将は敵の鬼将軍キルヒバッハ中将と同じく陣頭で指揮を続け、会戦最後に至るまでフロシュヴァイラーから離れず、普軍の砲撃で村が炎上し総攻撃が開始された直後にようやく前線を離れ、レッシュショフェンへ逃れています

それまで陣頭指揮を執り続けたとは、やはり名将の名に恥じなかったと言えるでしょう

 そのマクマオンは、緒戦から一気に畳みかけて来た普軍の攻撃に対し冷静に部隊を区処、思い切り良く予備歩兵をヴルト正面へ派遣し小銃列線を補強します

そして普軍の攻撃が鈍り、一部で「穴」が開き始めると一斉に銃剣突撃を命じたのでした

 坂の上から転げ落ちるかのような仏軍歩兵お得意の銃剣突撃は、坂の下で受け身となり防戦一方となった普軍歩兵にとっては壊滅的打撃となります

退却の号令など必要もなく、普第37連隊は雪崩を打って後退し、第2大隊はヴルト西郊外まで、第3大隊の大半は左翼へ逃れて第50連隊に合流し、第一次攻撃は散々な失敗に帰したのでした

 退却する友軍を助けるために、犠牲的な防衛戦も各所で相次ぎます

旗手とその護衛を失い、危うく敵に奪われそうになった2旒の大隊旗は勇敢な第2大隊の少尉が危険を顧みずに2旒共に保護し、部落まで戻りました

普軍は仏軍の逆襲を部落正面で受け止め、激戦の後、仏軍を追い返しヴルトを死守したのです