パチスロ バイオハザード 中古

パチスロ バイオハザード 中古

血の契約はもう結べないけれど、ネェツアーク・サクスフォーンとアプリコット・ビネガーは、心が拾い読めるダガー・サンフラワーにしたなら、やはり類似する内容が多いということなんだろうな)―――本当に気休めにしかならないが、お前が持ち直してくれたなら、それでもどことなく安心できる

―――基礎ばかりを究めて、私の見込みを外さず賢者にまでネェツアークはなってくれた

―――辛い事があって、無事とは言い難いが、確りとこの国に残ってくれている事に、国王なりに感謝をしている

あの時は気が付けなかったが、恐らく王様になっていた友人は、自分越しによく似た存在を透かして見ていた

(一言頼めば、それこそ"鳶目兎耳"の方でロブロウの事を、調査をしたのに……って、それは"鬼神グロリオーサ"に止められていたんだっけか)王太子から王になる為に受け継いだ有象無象も、賢者兼友人として承知している

その話の中身には、表沙汰にはしない方が良いかどうかと判断を委ねられたものもあった

あなたも好きかも:ペチュニア バカラ
(あの人も、自由そうでいて、自由ではないんだよな)だから、"見習いパン職人ダン・リオン"となって、許される自由をもぎ取っている

あなたも好きかも:高校生 パチンコ バレない
そんな中でも姪や、自分の事を覚えているかも定かではない、鳶色の友人と心胆が良く似た、約束を交わした少女の事を、ネェツアークに鳶目兎耳の隊長役割を与えた時にも気にしていた

(英雄としての"グロリオーサ・サンフラワー"というよりは、父親に頼まれた"動きがあるまで関わるな"という約束への義理もあっただろうし

それに未熟な為に当時救えなかった女の子を、王様の権力を継いだからと使って助けるのも―――まあ、ここ男として、張って良い矜持になるかなあ)性別に絡めて意地を張る事について、どうこう言ったり拘ったりするのは、無意味(ナンセンス)に捉えているネェツアークではあるけれど、ここは同性の一応友人としている国王の肩をもった

(アプリコット殿も、実際辛くてきつかった事はあったかもしれないけれど、支えや痛みに鈍くなる禁術の処置をされてはいても、矢面に一人で頑張って"代理領主"をしていたわけだし

そういうことで、例え自分の顔に対して否定的(ネガティブ)な意識は常に持っていたとしても、自分がしてきた領主の仕事で培われた自信もあった

あなたも好きかも:オンカジ スロット 安定
そこを助ける約束をした王様だからと、権力を捩じ込んで、その領地の因習を一気に払拭するのは、賢いやり方じゃない

何より、この事件が起きるまでもなく、アプリコット殿も28の頃の私と同じで、自分の顔が嫌いというか、苦手だっただろうし)"自分の顔が大切な人を、傷つけてしまうから""自分がいることで、嫌な思いをする人がいるから"アプリコット自身ですら、禁術によって"ケロイドの仮面"をつけている間は、"旅人のお兄さん"との想い出をその下に封じ、まるでなかった様に振る舞っていたが、ネェツアークが仮面を"ひっぺがした"後は、確りとのこっている血の契約の魔術で確認した

ただ、出逢いの時の大切な思い出や、"旅人のお兄さん"にかけられた言葉があるにしても、この領地の領主と言う貴族の立場と、本来はケロイドがない肌だとしても、"普通の貴婦人"からは自分がかけ離れている事実を目の当たりにし、アプリコットが今度は拘る

封じ込めていた想い出と共に見比べたなら、純粋に王様と貴族としての臣下の関係にしても"色々と難しい"という気持ちを抱いているのは、血の契約の魔術で繋がっている間も赤裸々に伝わってきていた

ある意味では"旅人のお兄さん"の為に、アプリコットは身を引く覚悟を固めつつあるのも伺えた

(考えてみたなら、アプリコットと国王である暴君……ダガーが、"ダン・リオン"と最初の出会いからは、もう20年近く過ぎてもいるわけだが)20年前の2人がロブロウという場所で行われた、出逢いと別れの間のやりとりの事は、とやかく言うつもりも権利もネェツアークにはないのは弁えている