咲 スロット 高設定 グラフ

咲 スロット 高設定 グラフ

使い道なんて一々考える必要もない

挨拶代わり……お別れの挨拶代わりにそのワイヤーは真っ直ぐ伸び、私の腹部を貫こうとする

クレルモンを当てて軌道を反らし、私の右斜め後ろへと流す

あなたも好きかも:009 re cyborg パチンコ 評価
私の後ろに延びているその鋼糸に向かってクレルモンを力任せに叩きつけ……それを無理矢理たわませる

すると当然引っ張っている側は私のほうへと幾ばくか引き寄せられる……つまり、確かな隙が出来るわけで……!「《三点再臨》!」金属の糸の返礼は金属の槍にて

あなたも好きかも:冬のソナタ パチンコ チャンスタイム
銅の糸は確かにその腕を貫く軌道で放たれ……その外皮に傷を付けるのみに根元から折れる

あなたも好きかも:嘘喰い スロット
……私と違ってvitもある

現実の戦闘ではターン制ではないとはよく言われるが攻撃すれば必然と生まれる『隙』という概念が存在する以上、余程の境地に至らない限りは意図せずとも攻守は反転する

左腕の小指付近に傷が出来たオリジンは精密動作が出来ないことを認識しているのか……その小指を犠牲にノータイムで……つまり、意図的に小指付近を爆破(指向性オーバーヒート)し、私に向けて銀の弾丸が発射される

幸いにして、先程の《三点再臨》は口だけの軽くも重い行動であったがために、私はそれに対して思慮を深める時間を手に入れる

どうすればいい?詠唱を重ねれば、その間に弾丸は私の心臓部を貫通するであろう

なら……っ!私は胴体を捻り、心臓部……正確には肺を狙ったその弾丸を反らす

だけれど、腕はその回転に完璧に着いてくることは出来ず、一拍遅れて着いてくるが……それよりも、銀の弾丸が貫くほうが速かった

右腕に鋭い、引きちぎられるような痛みを感じながらも、私は持っていたクレルモンを投げつける

融合人形を倒した時に手に入れたその衣の効果で減り行くhpを回復させながら、私は次の行動に取りかかろうとする……が、指を飛ばすだけの動作は隙を作るには不十分であったらしく、私のほうへと再度ワイヤーが伸ばされる

今度は避けきることは叶わず、的確に私の肺が……パッと確認したところ肺らへんに刺さる

「カハッ……」その証拠として、私は血を口から漏らすことになり……それでも、まだ私は生きている

時間を稼げ、まだ死ねない

まだ足りない