スロット youtube 動画

スロット youtube 動画

 次回はアニメとマンガが持つ「動き」についてです

小説はアニメやマンガを超えられるか(2/2)【回答】 小説はアニメやマンガと違って、「動き」がパッと見ではわかりません

 どうすれば読み手に「動き」を伝えられるのでしょうか

小説は最も簡単に動きが書ける アニメは、同じ映像作品であるマンガとは異なり、キャラクターを立体的に捉えられる利点があります

あなたも好きかも:ドラクエ10 スロット
マンガはキャラクターこそ描かれていますが、当然動きませんからキャラクターの立体感が出ません

その点アニメは動きますから、身のこなしや剣さばきなどがひと目でわかります

 マンガでキャラクターを立体的に捉えられるよう配慮するならば、とにかく同じキャラクターを別の角度から描きまくるしかありません

 相手に飛びつく直前に重心を下げる絵がひとコマ、そこから一気に駆け出す絵がひとコマ、相手の足にタックルする絵がひとコマという具合に、とにかく絵を細かく描くしかないのです

あなたも好きかも:タバコ パチンコ やめた
 では小説でキャラクターを立体的に捉えられるよう配慮するならば、どうすればよいのか

実は半分ほど今書いています

「相手がラインを突破してこちらへ向かってきた

重心を下げて相手へ目がけて低い姿勢のまま駆け寄る

あなたも好きかも:スロット akb48 バラの儀式
相手の両足にタックルして薙ぎ倒した

」のように動作の連続を細かく描けばよいのです

 アニメは絵を一枚一枚描いてそれを次々と表示することで動作を表現します

 マンガは絵を一コマ一コマ描いて、止め絵の推移で動作を表現するのです

 しかし小説は、ただ文字を連ねればよい

とても簡単に「動き」を書けます

 言葉ひとつでどんな「動き」も表せるのが小説の利点です