パチスロ データ ロボ

パチスロ データ ロボ

「……その傷口、見せたらエエねん

……誰もおまえのこと、見捨てたりせぇへンのやから……」 優樹の目に段々と涙が浮かび、ウロウロと動く視界がボヤけていく

「……優樹」 反町は上着を握り締める優樹の手を取って握った

あなたも好きかも:バカラ ザンザン
優樹は「グス……」と鼻を啜り、余ったもう一つの手で涙を懸命に拭う

「……いい子にならなきゃ……、お父さんたちに、すごく迷惑掛けるから

……お父さんたちに、嫌われちゃう……

……いらない子になっちゃう……」 息を詰まらせながら訴える彼女をみんなはじっと見つめる

「……今の学校……怖いけど……、……でも、……でも、お父さんたちが、見つけたところだから

……いい子にならなくちゃ……

おとなしく、言うこと、聞かなくちゃ……」 拭いきれない涙が膝の上の反町の上着に落ちてしみこんでいく

「……でも……、でも……みんな、私が大島だから、優しくしてくれて、大島だから、親切で

……じゃあ私、普通の子だったら、誰からも、優しくしてもらえないのかなって……

……わからないの……

あなたも好きかも:本田翼 オンラインゲーム
……私、どうして、生まれて来ちゃったの……? どうして、こんな風に、生まれてきちゃったの? ……大島じゃなかったら、いじめられ、なかったかも、しれない

脅迫、されることもなかった

みんなから、優しくされることも、なかった

でも、……でも、大島だったから……みんなに会えた……

……考えても、わからない……