ゴルゴ 13 スロット 狙い目

ゴルゴ 13 スロット 狙い目

「……それ……橋田も言うとったぞ?」 一平の小声に、今度は立花たちの見開かれた目が彼に向いた

「はあ? 橋田が?」 怪訝に眉を寄せて隣に並び繰り返す立花に、一平は頷き戸惑いながらも続けた

あなたも好きかも:パチンコ 鳥取 コロナ
「この前の、ほら……マネキンん時や

あなたも好きかも:緋弾のアリア パチンコ 評価
あン時に橋田が言うとったんや

優樹は危ないて

……あいつらの仲間になりそうやから心配やって」「ちょっとっ、なんで今頃っ」 生美に歩きながらも責めて睨まれ、一平は慌てて首を振った

「そんな話されて信じるかっ? あの優樹やぞっ? それにっ……こんなん言うたらあかんけど、橋田の言うことやってンぞ? そない真剣、考えるか?」 加奈にも聞こえないよう、更に声を潜めて首まで縮める一平に「……それは」と洋一たちは言葉を濁す

 確かに、元々“あっち側”の人間だった橋田の言うことだ

あなたも好きかも:スロット 風林火山 終了画面
しかもあの時はまだ彼のことを信じ切れていなかった

発せられた言葉だって、「何かの罠か?」と疑い掛かったほど

その時の状況を考えれば一平を責めることは出来ない

「……それに、そン時武田もおって、武田はオレらがおるから大丈夫やぁゆう感じやってん」「武田が?」 立花が訝しげに繰り返すと、一平は「おう」と頷いた

「せやからオレもあんまし深ぁ考えンかったし……

ありえへん思うとったし……」 小声で呟きながら、一平は「……はあ」と不安げにため息を吐いて俯いた

「……マジか