ブラックジャック 高額請求

ブラックジャック 高額請求

あなたも好きかも:デッドオアアライブ5 スロット ゾーン
 そして、なぜかHP回復の段階で、『毒』の文字が消えて、代わりに――「え?」 次は僕の指先が、先ほどの彼の顔のように黒く染まった

 慌てて、僕は自分にも回復魔法を使う

「キュ、《キュアフール》――」 しかし、彼と違って、僕は回復しなかった

 正体不明の症状が、身体に広がる

 もし身体に害があるならば、それは体内にいるノスフィーの魔石が代わりに背負ってしまう

だが、その現象は起こることなく、指先あたりの魔力が『凝固』していく

 初めて見る魔法……? 魔法で、本当にいいのだろうか……

 すぐさま、逆の手で《ディスタンスミュート》を纏い、その症状そのものを強引に掴もうとする――が、掴めない

「くっ……」 正体不明だが、複雑な症状ではない

 簡素に単純に、ただ『凝固』するだけ

 だが、それを『術式』として、上手く読み取れない

 この症状に込められている意味は『凝固』の二文字くらいで収まるはずなのに、なぜか解析・解読できない

あなたも好きかも:バイオリベ スロット リセット
「そんなこと……」 ありえないと口に出す前に、その正体不明の『術式』のような『何か』は増殖し始めた

 『凝固』『凝固』『凝固』『凝固』『凝固』『凝固』『凝固』『凝固』『凝固』『凝固』と、その簡素過ぎる『何か』が延々と、コピーアンドペーストされていく

 恐ろしいのは、その魔法の動力源となる魔力が、全て僕から捻出されていることだった

 僕の指先に侵食して、巣食い、まるでコンピュータウィルスのように拡がっている

 魔力の『凝固』が止まらない

 指先から手の甲まで広がったところで、どこか心配するような声が空から降ってくる

「――戦時中の基本だ、カナミ