ダンまち スロット スイカ

ダンまち スロット スイカ

 案の定、カーリを筆頭に他のメンバーたちは、スーラの戦いに意識を取られてしまい、探索を続けるどころではなくなっていた

 勿論、トップクラスのパーティであるので、いざ戦闘になればスーラのことを忘れて集中することはできるが、だからといって今の状態で塔の階層をうろつくほどリクも無謀ではない

 ある程度のところで見切りをつけて、考助に相談した結果、セーフティエリアに戻ることにしたのだ

あなたも好きかも:茨城 赤塚 パチンコ
 さらに、考助にもそれ以外の目的があったので、すぐにリクの提案を受け入れた

 セーフティエリアにある宿屋に入った考助たちは、すぐに部屋を予約した

「・・・・・・本部には戻らないのか?」「ああ、うん

あなたも好きかも:カウボーイビバップ パチンコ 大阪
ちょっと他にも付き合ってほしいことがあってね」 考助がそういうと、確認してきたリクが頬を引きつらせた

「なにか、嫌な予感がするんだが?」「おっ! 鋭い!」「・・・・・・何を考えているんだ?」 若干引き気味になっているリクに、考助は苦笑しながら答えた

「そんなに警戒しないでよ

この際だからとことんまで常識を壊してもらおうと思ってね」「・・・・・・お手柔らかに頼む」 カーリたちを見ながらそんなことを言った考助に、リクはなんと答えるべきかとさんざん悩んだ挙句にそう答えるのであった

  宿の部屋に入る前に、考助は『烈火の狼』のメンバーに次のような指示を出していた

「部屋に装備の類を全部おいてきてからもう一回集合ね」「父上?」 唐突なその指示にリクはいぶかし気に首をかしげたが、考助はそれには答えずニンマリと笑うだけだった