パチンコ スリー セブン

パチンコ スリー セブン

 神官長がわたしを憐れむように少しだけ表情を歪めた

「孤児院長室の隠し部屋が使えるのは今日が最後だ」 これからは文官が同行するようになるので、周囲の者を払って、特定の商人だけを隠し部屋に入れるようなことはできなくなる

 そう続けられた神官長の言葉がずんと重く圧し掛かってきた

それはわたしがハルトムートに同行したいと言われた時に、一瞬心に浮かんだことと同じだった

もう、無理だろうな、と思ったのだ

「……神官長がハルトムートの同行を止めてくれたのは、ルッツ達とのお別れの時間をくれるつもりだったからですか?」「突然取り上げられるよりは、自分なりの区切りをつけた方が良いと思ったからだ」 神官長は溜息交じりにそう言った

「貴族院に入るまでは家族と過ごせるはずだった君を引き離すことになった

その不安定さを埋めることができるならば、とこれまでは目溢ししてきたが、君はもう貴族院に入学した

これからはどの打ち合わせにも文官がついて歩くようになる

これ以上の目溢しは難しい」「……そうですね」 ギリギリまで、本当にギリギリまで神官長は待ってくれていたのだろう

あなたも好きかも:船堀 スロット
それがわかって、わたしは何も言えなくなった

あなたも好きかも:スロット ハーデス 確率
「何よりも、間近に迫った春を寿ぐ宴ではヴィルフリートとの婚約発表もある

婚約者のいる女性が平民の男を隠し部屋に招くのは非常に外聞が悪い

あなたも好きかも:スロット 打ち 方 基本
プランタン商会の評判にも傷が付く

それは君の本意ではないだろう?」「……はい」 貴族達の無茶振りに応えながら、必死で店を大きくして、エーレンフェスト内を走り回っているベンノやルッツ、そして、グーテンベルク

彼らの仕事をわたしが台無しにしてしまうわけにはいかない