天井 スロット おすすめ

天井 スロット おすすめ

 その中は薄暗く、光の届いていない奥の方は目で見えなかった

あなたも好きかも:スロット 導入日 過去
「気配は無し……側近どころか、部下兵の気配すら……な……」「……あ、ああ……」「……う、うん……」 ライは奥の方へ意識し、その気配を感じようとしている

 しかし、そこに側近や部下兵のような気配は無かった

あなたも好きかも:ブラックジャック レイ
 だが、エマとリヤン、そして勿論ライも何かを感じていた

その何かは何か分からないが、何かが何かを打ち消すような、気配によって別の気配が消されているような、全てが分からない"何か"

「「「…………!?」」」 その何かを感じ、ライ、エマ、リヤンの身体に得体の知れない衝撃が駆け巡る

 冷たく、熱く、涼しく、暖かい

そして痛くて優しい、心地好くて辛い

全てが矛盾しているこの世のモノとは思えない何かが

「……これは……予想以上に厄介だな……強さで言えばレヴィアタンを軽く超越する……

重く、大きく、過重で巨きい……今まで感じた気配や感覚の中でも最上級だ……」 タラリ、と冷や汗を流してエマとリヤンの方を一瞥するライ

 背筋が凍るとは正にこの事

あなたも好きかも:ケロロ スロット やめどき
蛇に睨まれた蛙のように動かず、恒星でも背負っているのではと錯覚する重圧が掛かっていた

「……ッ!」「……! リヤン!」「……!?」 そしてリヤンがフラ付き、エマがリヤンの名を叫ぶ

 ライは一瞥から方向転換し、エマとリヤンの元に駆け寄った

……エマ、リヤン……

二人は建物の入り口付近で待っていてくれ……俺が建物の中を確かめる……!」「……ッ! ライッ……!」 そして二人の肩を抱き寄せ、二人の耳元で呟くように話す