札幌 パチンコ 休み

札幌 パチンコ 休み

 舞い落ちて来る雪を払う事もなく、声にもならない声を上げている

 「寒いのは、誰でも同じだよ

あなたも好きかも:丸亀市 パチンコ
それに遠くから来たのは、君達だけじゃない」 淡々と語られる台詞に、ぎこちないながらも頷きが返される

あなたも好きかも:パチンコ店 洗車
 自分達も、その行動の意味を反省したのだろう

 旅の勢いで、つい羽目を外してしまったというところか

 「怖いな」 小声で呟くケイ

 だが顔付きは至って普通で、怯えるどころか笑っているようにすら見える

「……どうぞ」 そんなケイが、突然一歩下がる

「え?」 彼女達の後でやってきた、小学生高学年くらいの可愛らしい女の子はきょとんとした顔で彼を見上げた

あなたも好きかも:パチンコ データ ロボ セブン
「そこの、格好いいお兄さんと可愛いお兄さんの間に

あそこなら、少しは寒くないから」「で、でも、順番が」 今の経緯と彼女の性格なのだろう

慌てて手が振られる

「いいよ

俺達、我慢大会してるところだから

それに、さっき食べたばかりでお腹空いてないんだ」「そ、そうですか?」「ああ

どうぞ、前へ」 ケイの言葉を受け、おずおずとショウと柳君の間に入る女の子

 するとやや感情を高ぶらせていた柳君が、ふと表情を和ませた

「あ、どうも」「こ、こんにちは」 ぎこちないけれど、暖かさが感じられる会話

 ショウは自分のコートを脱ぎ、そっと彼女の肩に掛けた