スロット 終日 回転数

スロット 終日 回転数

 アヴリルが気づかないほど深く、静かに

 気づかなかったのは、アヴリルだけではない

 ジルヴェールも、同輩の裏切りに気づかなかった

あなたも好きかも:キャッツアイ スロット 恋ふたたび
 アーリアから警告を受けていたというのに、だ

あなたも好きかも:ファーストパーソン・ライトニング・ルーレット
 エリウス=ログナーがジゼルコートについたことほど衝撃的なことはなかった

ジゼルコートが謀叛を起こす可能性については把握していたし、むしろ、いつ起こすのかと待ち侘びてさえいたのかもしれない

起こされたところで対処できるだけの戦力が整っていたからだ

あなたも好きかも:スロット ベース値
実の父が謀叛を起こすなど考えられないことで、信じがたいことではあったが、敵に回るのであれば戦い、滅ぼすのも止むを得ないという考えがジルヴェールの中にある

覚悟は決まっていた

 しかし、エリウス=ログナーがジゼルコートに与しているというのは、想像だにしていなかったことであり、衝撃の深さや強さは筆舌に尽くしがたいものがあった

エリウスは、ジルヴェールとともにレオンガンドの側近衆に数えられる立場にあった

ログナー最後の王である彼は、ログナーがガンディアに平定された直後からガンディアの中枢で働くようになり、ザルワーン戦争ではみずから戦場に赴いている

その戦いの結果、彼には軍事よりも政治のほうがよいのではないかとレオンガンドらは考えたというほどだから、活躍は推して知るべきであろう

 ザルワーン戦争後、獅子王宮で起きたセツナ暗殺未遂事件、その関係者と見做されたのはエリウスの実の父であり、かつてのログナー国王キリル=ログナーだった

キリルは身の潔白を証明するため、エリウスに自分を殺させ、ログナー家は暗殺未遂事件になんの関わりもないと宣言させた

以来、ガンディア国内におけるエリウスの評価は一変し、また、レオンガンド自身、エリウスを重用するようになった

側近に取り立て、常に側に控えさせるようにしたのだ