学生起業のメリットとは、学生の起業はリスクが低く挑戦しやすくおすすめ

起業する人は大人がやることだというイメージが強いですが、最近では大学生でありながら起業する学生起業家が増えてきています。

しかし、学生の身分でなにか新しいことを始めるために起業することは非常に勇気があることです。

今回は、学生が起業するにあたってのメリットやデメリットなどを中心に学生起業に関して解説していきます。

学生起業のメリット

大学生が起業する学生起業は大人になってから起業するよりも魅力的なメリットがたくさんあります。

では、学生起業にはどういったメリットがあるのでしょうか。

支援をさまざまな人から受けやすい

学生起業のメリット一つ目は、支援をさまざまな人から受けやすいということが挙げられます。

学生のさまざまな可能性に期待して学生起業家を支援する企業や団体、個人投資家などが多く存在し、そういった人からの支援が受けやすいです。

また、大学生は大人とは異なり親からの支援を受けやすく、ある程度は生活を気にせずビジネスに集中することができます。

大人になってしまえばそういった環境で起業することは難しく、大学生である学生起業家の特権であるとも言えます。

失敗したとしてもやり直しやすい

学生起業のメリット二つ目は、万が一失敗としてもやり直しやすいということです。

大人になって起業して失敗した場合自身の生活に大きく影響を与えることが多いですが、学生の場合は起業したとしても規模が大きくないためダメージが少ないです。

また、大学生の場合は生活のほとんどを親に頼りながら生活しているため生活に関して心配することも少ないです。

そのため失敗してもやり直しがしやすく、再び挑戦するということもしやすいです。

経験としてプラスになる

学生起業のメリット三つ目は、経験として人生において大きなプラスになるということです。

起業が成功するにしても失敗するにしても自身の人生において経験となり、社会人として働く時にさまざまな場面で役立ちます。

資金調達の方法や組織作りなどを実戦で学ぶ機会は非常に少なく、起業をしてさまざまな経験をすることによって他の大学生と差別化を図ることができます。

学生起業のデメリット

どのようなこともメリットがあればデメリットも当然あります。

学生起業もメリットだけではなくデメリットも存在し、そういったデメリットもしっかりと理解しておくことが大切です。

主に学生起業においてのデメリットは資金の確保が難しいということと、学業がおろそかになりやすいという事です。

資金の確保が難しい

学生起業のデメリット一つ目は、起業にあたっての資金や事業を進めていくために運転資金といった物の確保が難しいです。

大人であれば銀行や信用金庫などから融資を受けることも可能ですが、学生起業家で融資を受けることは非常に難しいからです。

そのため起業のために必要な資金は自分自身で確保するか友人知人や家族に借りたりバイトしてお金を貯めたりすることが必要になってきます。

そういった方法では借りられる額が限られてくるため、学生起業家の中には資金の確保に頭を抱えているという人も多いです。

学業がおろそかになりやすい

学生起業のデメリット二つ目は、学生の本業である学業がおろそかになりやすいということです。

起業してすぐの頃は学業と起業家の二足の草鞋を両立しやすいですが、事業が成長して忙しくなっていくと学業に手が回らなくなるということも考えられます。

学生の本業はあくまでも勉強です。

起業をしたことによって勉強がおろそかになってしまうということは本末転倒な話です。

賢い学生起業のしかた

学生起業にはメリットもあればデメリットもありますが、学生のうちに起業することは自分自身の人生においてプラスになります。

しかし、起業にはリスクがつきもので、できる限りリスクを下げながら起業することが学生が起業する際には大切になってきます。

続いては、学生起業する際の賢い方法について紹介していきます。

起業サークルに参加する

リスク無く学生起業する方法として一番のおすすめは起業サークルに参加することです。

大学の中では将来的に起業をしたいと考える学生が集まるサークルがあるところもあり、同士で情報交換や勉強会を行ったりしています。

そこで起業に向けての案を練ったり仲間を作って起業に向けて動いてみたり、疑似的なビジネスを行ってみたりといったことが起業サークルでは行えます。

ビジネスコンテストに参加する

起業サークルに参加する以外にもリスク少なく起業する方法としてビジネスコンテストに参加するという方法もあります。

ビジネスコンテストとは主に学生起業家が自分自身が考えたビジネスプランを発表し、それぞれのビジネスプランの良し悪しを競い合うコンテストです。

ビジネスコンテストに参加するメリットはたくさんあり、自分自身が考えたビジネスプランを客観的に評価してもらえるということや自分自身のアピールの場となったりといったことが主なメリットです。

しかし、最も大きなメリットはコンテストの中には優勝すれば起業の援助を受けられる事もあるということです。

援助を受ける事ができればリスクを抑えながら起業することが可能です。

まとめ

今回は学生が起業するメリットやデメリットを中心に学生起業に関するさまざまな事を紹介してきました。

学生で起業するメリットはさまざまありますが、一番大きいのはリスクを抑えて挑戦しやすく万が一失敗したとしてもやり直しがしやすいという事です。

しかし、学生であるという身分である以上学業が大切になってきます。

起業に興味があるのであれば学業を優先しながらさまざまな事を経験として糧とすることができる学生時代に積極的に動いていきましょう。

始める前に知っておきたい!起業のメリットとデメリット

サラリーマンとして会社に雇われている生活にうんざりして、起業してみたいと考えている人も多いです。

自分でビジネスをやらないといけませんから、しっかりと知識を身に着けてから起業しましょう。

そこで、起業するメリットとデメリットについて、紹介しましょう。

時間に縛られず自由に行動できる

仕事もプライベートも含めて、起業すると自由度が上がって時間に縛られずに行動できるようになります。

仕事の進め方なども自由に自分で決められますし、思いついたアイデアを実現できるように全力投球しやすいです。

会社のように縛られることや制限がありませんから、自由自在に自分の思ったことをビジネスにできてやりがいもあります。

どの仕事にどのくらいの時間を割くかも、自分で決められます。

時間に縛られることがなくなりますし、プライベートな時間も確保しやすいです。

スケジュールを自分で自由に組めますから、時間の自由も生まれます。

頑張った分だけ稼ぐことができる

会社勤めをしていると給与は決まっていますが、起業すれば働いた分だけお金を得ることができます。

頑張ったら頑張った分だけ収入につながりますから、まとまったお金を稼ぐことも可能です。

アイデアやビジネス次第ではドカンと当たって、自分の収入が増えることにもなります。

時代に合ったものが人気になって売れ過ぎなくらい売れてしまって、1ヶ月で数百万稼げることだってあります。

お金を稼ぐという意味でもやりがいがありますし、自分のアイデアやビジネスが成功に導いてくれます。

精神的に強くなって成長できる

起業は色んなことを自分でやらないといけませんし、色んな問題にぶち当たることもあります。

1つ1つ乗り越えていくことになりますから、自然と精神的に強くなれます。

精神が鍛えられることで、冷静な判断力なども培われます。

問題を1つ乗り越えるたびに自分に力が付きますし、ふと振り返った時に大きな成長を遂げていることもあります。

全てが成功するとは限りませんが、失敗から学ぶことも多いです。

学びから成功しやすい方法なども身についていきますから、どこに力を入れればいいかなどもわかってきます。

数々の経験を積むことができて、人間としてひと周りもふた周りも大きくなれます。

定年がなく働き続けられる

会社だと定年がありますから、体が元気でもっと働きたいのに働けないという状況に陥ってしまいます。

起業すれば定年はありませんから、自分が納得するまでいつまででも働き続けることができます。

現代は人生100年時代なんて言われていますから、体が元気なうちはやりがいのある仕事がある方がいいはずです。

70代でも80代でも、本人が望めばずっと働き続けられます。

逆に利益をしっかり出してお金を稼いで、若いうちに早期リタイアしてしまうこともできます。

リタイア後はプライベートを充実させるなど、仕事に縛られない道を探すこともできます。

自分の世界を広げられる

起業して仕事を進めていくうちに、今まで手がけたことのないようなビジネスに発展する可能性もあります。

また、必要なスキルなどもどんどん積んでいけますから、自分でできることも増えていきます。

自分の思っていた以上のビジネスを手がけることができて、世界観が広がっていきます。

色んな人と出会ったりもしますから、人脈も広がっていきます。

今まで出会ったことがないような人との出会いで、仕事も人生も変わる可能性もあります。

お金をそれなりに稼げるようになってくると、今までとは違ったお金の使い方もできるようになります。

考え方なども変わってきて、広い視野で物事を見られるようになります。

色んな意味で、自分の世界を広げることがでて、自己成長にもつながります。

収入がない場合もある

会社員だと会社に行って大した仕事をしていなくても、給料がもらえます。

起業は必ずしも成功するとは限りませんから、頑張っているのに収入が得られない場合も出てきます。

収入の保証はどこにもありませんから、ビジネスが上手くいかないとお金も入ってきません。

会社員のように安定した収入を毎月稼げるとは限りませんから、最初の頃は特に収入への不安が大きいです。

自己管理の重要性

時間などが自由な分、しっかりと自分で時間管理をしておかないと、つい怠けてしまうこともあります。

マイペースに仕事をしていると、間に合わない事だって出てきますから、時間管理はしっかりしないといけません。

人にもよりますが、生活が不規則になりがちですから、健康管理も怠りなく自分でやらないといけないです。

体が資本ですから、食事や睡眠などをしっかり取るようにして、健康な体を維持していくのが大事です。

自分が始めたビジネスですから、時間にしろ健康にしろ、あらゆる面で自分でしっかり自己管理していきましょう。

まとめ

起業は夢のある世界ですが、始める前にメリットやデメリットを知っておくことも大事です。

いい面も悪い面も知った上でしっかり準備を進めて、失敗しない起業をするのがおすすめです。

デメリットを勉強だと思ってあきらめず、メリットに変えていくくらいの覚悟が必要です。

起業するなら個人事業でそれとも会社設立?双方のメリットは?

いざ起業しようと思った時に結構迷うのが、個人事業での起業かそれとも会社の設立か、この二択です。

特に個人営業でも充分だと思う、自宅での店舗の開業などは、これどちらにして届け出たほうが有利なのか迷いますね。

法人と個人、どちらが起業するのにメリットが有るのでしょうか。

中間サイズの起業だとどちらがいいか迷う

最初から何百億円もの資金を投入しての起業なら、もうこれは会社組織という感覚です。

実際に、会社を作りたいので資金を頑張って用意した、と言う感じですね。

一方、家でパソコンとかを利用してネットであれこれ仕事、これを起業しておこうと思ったら、まず個人事業です。

後に大きくなりそうな予感がしているならともかく、普通に考えるとこの場合は個人営業で充分ですし、まあ資金もパソコン代とネット料金くらいで済みます。

しかし迷うのが、中規模の起業です。

中小企業、会社を起こす場合はまあともかくとして、いわゆる自営のスタイルと規模の場合ですね。

例えばリタイア後に、自宅もしくは店舗を借りてレストランを始める、何かのお店を始めるなどです。

こうした場合、まあ自分と家族だけでスタッフも足りるし、個人営業でいいかと思う人は多数です。

しかしいっそ会社組織にしておいたら、と迷うのもこの規模の営業者が最も多いですね。

中間規模の企業の場合、店舗などの場合はこれは本当に悩ましく感じるものです。

会社組織の企業と個人営業

実際起業する場合、最初の手続きと貸金の問題はやはり大きいです。

資金については、企業の規模で大きく違ってきますが、ある程度以上の規模の仕事の場合やはり多少の借金は必要になってきます。

いわゆる会社の場合も、オフィスを借りたり内装や備品にかける資金も、馬鹿になりません。

サービス業での起業も、店舗の改装や内装備品、最初の大きな仕入れなどの問題も出てきます。

完全個人で家での仕事で無い限り、多かれ少なかれ資金は必要です。

これは個人営業と会社組織で、お金の単位の差はあれど必要であることに変わりはありません。

ただそれを調達するという点で、会社組織にしておいたほうが有利ということは、実はあります。

そして届け出に関してですが、これに関しては個人営業のほうが格段に楽にすみます。

また税計算、あの面倒な計算が、法人よりも楽にできるというのが、個人事業のメリットです。

さて、どちらがよりメリットが大きいのでしょうか。

会社組織にするか個人営業にするか

ではこの2つ、どういった違いがあるのかも見ていきましょう。

手続きの問題の他にも、メリット・デメリットそれぞれあるものです。

手続きが面倒で税計算も面倒なのは法人だが

手続きに時間も費用もかかるのが、会社設立の起業です。

税金の計算も、正直個人営業に比べると面倒です。

その代わり、個人営業と比較すると必要経費などの計上できる費用の幅が広いのです。

先々の節税を目指すなら、当初は面倒でも会社組織の起業をしておくのがおすすめです。

また個人事業に比べると社会的信用度が上になるのが、会社組織です。

融資も受けられやすくなりますし、取引先の会社との関係もスムースに行く、有利になるメリットがあります。

リスクに関しては会社組織は

起業というものには、リスクもつきものです。

お店の経営というのは何よりも水物です。

利益がどの程度になるか、実際にやってみなくてはわかりません。

会社組織にした場合最も問題なのが、たとえ赤字でも法人税が発生するなどのコストに関するデメリットです。

売上とかに自信のない場合、もしくは思ったように行かない場合、会社組織であることでリスクが増してしまうのですね。

中間規模の経営を個人にするか会社組織にするか迷ったら

中間規模というのは本当に、どちらにすればいいのか迷う事おびただしいです。

手続きの煩雑さやリスクの大きさを考えると、個人営業のほうがいいような気もします。

しかしその後の取り引きのことや、銀行の融資のことを考えると、会社組織のほうが有利とも思えます。

こうした場合には、いわゆる法人成りというものを考えてみるのがおすすめです。

個人事業で開始しても、それを続ける必要はないということです。

当初の売上とか運営に不安があって、それを軽減したい場合はまず個人事業で開始するのです。

開始後にうまくいくような手応えがあった場合、個人営業を法人化します。

これを法人成りというのです。

この法人成りの時期についてですが、これも時期を見てということになります。

いくつかこの時期というものがありますが、最もわかりやすいのは利益が500万を超えたあたりです。

この程度の利益の場合、法人の方が税金額が低くなるのです。

ただこの法人成り、細かく見ていくと必ずやるべきとは言えない点もあります。

充分に調べて後、行うことがおすすめです。

まとめ

お店経営などでの起業は、個人か会社か本当に迷うものです。

利益が見込めるなら最初から会社組織にしたほうが、融資などの問題がうまくいくのでおすすめです。

しかしそうでない場合、やはり簡単な手続きで始められる個人事業で様子見というのも悪くありません。

よく調べて考えて、当事者にメリットの多い方を選ぶようにしてください。

一念発起で起業!さて手続きはどうやったらいいのか知りたい!

長年の夢である起業、やっと実現出来そうだとリタイア後に喜ぶ人もいます。

また若いうちに、自分だけで仕事をと思って起業する人ももちろんいます。

会社を立ち上げる人も、自分だけでささやかにの人もいます。

でも起業するにはまず、手続きというものが必要になってくるのです。

起業しないでも仕事はできるけど

実は小さな仕事の場合、家でちょっとした作業とかネット上であれこれと言うなら、特に起業しなくてもそれなりに仕事は出来るものです。

昔ながらの内職とか、今で言うフリーランスというものですね。

個人事業にせずに、あくまでもそういったバックボーン無しで仕事はできないではありません。

特に内職なら、個人事業というのもちょっと大げさ、になってしまいます。

なので特に面倒な手続きをした挙げ句の起業、小さな仕事なら絶対に必要というわけではありません。

でもそこは、ちょっと自分のお城を作ってみたい、世間に認められた事業にしてみたい、と思う気持ちは誰にでもあるものです。

人が起業したくなる時は

普通に会社勤めしている場合、時々自分だけの会社が欲しいなど夢を見る人も少なくないです。

誰にも命令されずに、自分で全てを取り仕切るという夢、誰でも一度は見るものです。

そしてその会社に別れを告げリタイア後に、これで夢が果たせると起業する人も昨今増えてきました。

若い人で、何かすでに自分で始めている仕事が軌道に乗ってきて、これは会社にしてもっと大きく活動をと起業する人もいます。

また自宅で、小さな仕事をネットでやっているのを、個人事業として届け出る人もいます。

一国一城の主という言い方は古いですが、やはり今でもこれ夢の言葉ではありますね。

起業という言葉の魅力、これは非常に大きなものです。

しかし単に夢ではないので、起業するとしたらそれなりに資金も手続きも必要になってきます。

この手続きに関して考えると面倒になって、まあいいかで終わってしまう人も多いです。

でもそれほど面倒ではないので、挑戦してみてください。

起業する時に必要な手続きとは

起業します、会社作りました、ではこれは起業とは言えません。

行政的な手続きも必要になってきます。

個人事業で起業する場合

会社組織を作らずに、個人としての起業をする形です。

あくまでも個人営業ですが、規模は様々です。

自分の部屋で作業するだけでの仕事から、店舗を構えてのサービス業まで色々と個人事業というものはあります。

会社組織になっていない、法人にもしていないというのが共通項です。

個人事業の場合、起業の届け出は税務署になります。

所轄の税務署に、個人事業主の開業廃業等届出書、を提出するだけで済みます。

開業してから1ヶ月以内に届け出てください。

お店など構える時にはこの個人事業にするかそれとも会社組織にするか、これ迷うところですね。

手続きや税計算については、この個人事業での企業の方が簡単に済むのは事実です。

会社組織法人を立ち上げる場合

個人事業ではなく、会社組織として起業する場合です。

まずは定款の認証が必要になります。

この定款とは、会社組織における基本的な規則のことですね。

これを作成、公証人に認証してもらわなくてはいけません。

この認証にも手数料がかかってきます。

もうこの時点で、個人事業よりも面倒に見えて来るのは事実です。

次に法務局で、設立登記の手続きをすることになります。

この時には定款の他に、登録免許税、出資金の払込を証明する書類なども用意が必要になります。

これが終わってやっと、税務署に法人設立届出書の提出となります。

一応ここで終了ですが、もし従業員を雇うのであれば労働基準監督署で労働保険の加入手続き、それに加えて社会保険関係の手続きもしなくてはなりません。

かなり面倒で手間もかかりますが、世間的信用度などにおいては個人事業よりも上に位置します。

同じレストラン経営でも、会社組織のほうが信用度が高いということです。

まだまだ続く届け出

一旦は終わったかに見える届け出の嵐ですが、まだ実は残っています。

最後に自治体に、開業届を出すことになります。

各自治体に、事業開等始申告書を提出することが必要です。

この名称についてとか手続き法については、自治体によって違いがありますので、予めその自治体のホームページなどで調べてみてください。

提出時期についても若干違いがありますので、これも注意しておくのがおすすめです。

住民税や事業税と言った地方税に関することなので、見逃さないようにしてください。

その気がないのに脱税などということになったら、それこそ目も当てられません。

東京都の場合を例に上げると、会社設立時から15日以内に定款や登記謄本を添えて、都税事務所に事業開始等申告書を提出すること、とされています。

まとめ

実際のところ、個人事業での起業届のほうが手続自体に面倒はありません。

それほど難しくもなく、提出書類も多くはありません。

ただこの企業に関しても、どうしても法人の会社組織のほうがいわゆる世間に対しての信用度は上なのです。

少々手続きは面倒ですが、どちらにしたらいいのか迷った時にはこの点についても考慮して選ぶようにしてください。

起業する場合には資金が必要?どの程度用意すればいい?

起業、ちょっと格好のいい言葉ですね。

一国一城の主という感じで、人生一度はこれをやってみたいという人、実は多いはずです。

しかし資金がないのでどうにも、と諦める人もいるでしょう。

実際何かをする時にはお金がかかるものです。

起業にはどの程度のお金がかかる、資金が必要なのかを考えてみましょう。

起業と一言うと何となく別の世界のものに感じるが

起業という言葉を聞くと、どういったイメージを持ちますか。

なにかの会社を立ち上げてそこを運営、と言うイメージが多いのは明らかですね。

特に近年では、個人での起業もおおくなってきました。

何となく身近に感じられる言葉にもなってきたのです。

でもやはり、起業なんてだいそれた事、もし失敗したら大変だし大体そんなお金自体が無い、そう思う人が大多数です。

一部の選ばれた人がやること、と言うイメージはまだまだ健在です。

しかしこれ、何も会社を立ち上げることだけが、起業ではないんです。

例えば、レストランチェーンを展開させるのに会社を起こすことも起業です。

一方で、家を改築してラーメン屋を開業するのも、これも起業なんです。

家で仕事をするのも、これも起業になります。

個人なら開業届を税務署に出せば、起業したことになるのです。

法人組織なら法務局で手続きすれば、これも起業できたことになります。

意外と身近なものなのですね。

起業にはどの程度のお金がかかるの

起業するにはある程度の資金が必要になります。

どの程度必要なのか、具体的には差があるので難しいのですが、大体のところを見ていってみましょう。

個人で起業する場合は

個人で、しかも家で身一つで起業する場合、極端に言えば資金は必要ないこともあります。

しかし、ネットやプログラミング関係で仕事をするとすれば、それなりのパソコンも必要になります。

起業手続自体は、単に開業届を税務署に出すだけですので、お金はかかりません。

しかしそうした、仕事に必要なあれこれにはある程度の資金が必要になります。

ネット上では無料でも仕事はできないではありません。

しかしそのネットでの仕事をするために、持っていなくてはならないものを用意するお金だけは、必要になるということです。

他にもカメラマンとして個人事業者として起業するなら、カメラにかかる費用やその他は、これも必要だということですね。

こういった仕事は、特に開業届を出さずに出来る仕事であるのも事実です。

個人で起業といっても店舗など構える場合

あくまでも個人としての営業で、レストランとか花屋など開業する場合も、これも起業です。

新しくお店出すという点で、起業になります。

これを会社組織にするか、あくまで個人営業にするかは、これは起業する当人が決めなくてはなりません。

しかしどちらにしてもこういった場合には、ある程度の資金が必要になります。

自宅を改装してという場合にはその改装の費用が、新しく土地を購入して店を建てる場合には土地代と建築費用、これらに加えて内装とかも必要ですね。

そして仕入れの費用も、これも用意しておかなくてはなりません。

個人の企業に関しては、税務署で開業届だけなので、それ自体にお金はかかりませんが、店舗などを構えての起業にはそれなりの資金がかかってくるのは事実です。

法人で会社を起こす場合

大きな会社や仕事を起こすには、それなりの資金が必要になります。

例えば何かを発明してそれを作って売る会社を作るなら、生産ラインにかける資金と営業のための会社も起こさなくてはなりません。

こう考えてくると、かなりの資金が必要になります。

会社という法人組織を起こすためには、まずそれを収めるための入れ物、ビルの1室とかも必要になります。

従業員を雇うための費用も、計算に入れておかなくてはいけません。

もちろん会社の規模にも地域にもよりますが、こうなってくると億単位での資金が必要になってくることもあるのです。

ビルの1室で、まず自分だけの法人組織をというのでない限り、かなりの資金が必要になるのは間違いありません。

起業する時の資金はどこで調達すれば

法人の大きな会社を設立する場合には、それなりに資金の目処がついている事が多いですね。

でもどうしても資金が足りない、実際に始めてみたら不足したということもあります。

個人事業で開始する場合は、できれば自分の資産で開始したいと思うのは、当たり前のことです。

でもパソコンくらいならともかく、店を構えるとなったら早々簡単には行きません。

こうした時に資金を調達、借りるのはどこがおすすめなのでしょうか。

まずは日本政策金融公庫です。

国が株式100%出資する政府金融機関で、ありたがいことに個人事業主や中小企業へ低金利での融資を行ってくれています。

ただ融資額の10%の自己資金が必要になります。

後少し、と言う時にはここに借りるのが最も面倒なく、金利も低いのでおすすめです。

次は金融機関です。

いわゆる銀行などですね。

融資の専門家を通して交渉すると、融資が受けやすくなります。

まとめ

何よりも起業という言葉、実は幅広いのです。

個人の家での起業から、ビルを借りての会社の記号まですべてを含むのです。

もちろんどれにもある程度の資金が必要になります。

逆を言えば起業する時に、資金の額によって起業の大きさを決める、というのも1つの手であると記憶にとどめておいてください。

起業にあたって必要なお金を集める方法と調達方法の正しい選び方とは

何か新しい事業を始める起業を行う場合、必ずまとまった額のお金を用意しなければならない場合がほとんどです。

その必要なお金を自分自身で用意できれば問題ありませんが、たいていの場合は自分自身で用意できないことがほとんどです。

そのため、起業する人の多くは必要なお金を集めるために資金調達を行います。

今回は、起業にあたっての資金調達の方法とどの方法で資金調達をすればいいか迷ったときの選び方について解説していきます。

起業するにあたっての資金調達する方法

起業して事業を軌道に乗せていくためにはお金が必要不可欠です。

必要なお金を自分自身で用意できれば問題ありませんが、用意できなければ資金調達を行っていく必要があります。

まずは、一般的な資金調達の方法を紹介します。

友人や知人などから借りる

小規模の事業を起業する場合で、少額の資金調達をするのであれば友人や知人、親戚から借りるのも一つの手段です。

友人や知人から借りる場合は利子などを有利な条件で借りやすく、すぐに資金調達が済むというメリットがあります。

しかし、しっかりと返済を行わないと関係性が壊れてしまうこともあるため、その点は注意が必要です。

銀行や信用金庫から融資を受ける

少額であれば自己資金で準備したり友人や知人に頼って借りる方法がありますが、額が大きい場合は銀行や信用金庫から融資を受けるのが一般的です。

融資を受けるためには詳しい事業計画書や資金計画書を提出して銀行や信用金庫の審査を通過する必要があります。

しかし、一般的に大手のメガバンクでは融資の審査が厳しく、起業してすぐなどは融資が受けらないことが多いです。

対して地元密着型の信用金庫の場合はメガバンクに比べて審査が通りやすい傾向にあります。

これから起業する場合や起業してすぐに資金調達を行いたい場合は信用金庫に融資を受けるのをおすすめします。

日本政策金融公庫から融資を受ける

銀行や信用金庫から融資を受けるという選択肢以外に日本政策金融公庫から融資を受けるという選択肢もあります。

日本政策金融公庫は公的な政策金融機関の1つで、中小企業や農林水産業に従事する人などに対して融資を行っています。

さまざまな融資制度がありますが、一番ハードルが低く融資を受けやすいのが新創業融資制度で、無担保無保証かつ連帯保証人なしで最大3000万円の融資を受けられます。

日本政策公庫の融資は銀行や信用金庫からの融資よりも審査が通りやすいため、銀行や信用銀湖に融資を依頼して無理だった場合は日本政策金融公庫を積極的に利用してみましょう。

国や地方自治体の補助金や助成金を活用する

起業にあたっての資金調達を考える場合、国や地方自治体などが行っている補助金や助成金を受けるのも考えてみましょう。

補助金や助成金を受けるためには詳しい事業計画書や資金計画をまとめた書類の提出と関係機関の審査をパスする必要がありますが、金融機関や知人などから借りるのと違い返済する必要がないため起業後の資金繰りには影響を与えません。

しかし、助成金や補助金は条件に合致していないと受けることができません。

しっかりと条件や対象などを確認して利用できる補助金や助成金は積極的に利用していきましょう。

クラウドファンディングを行う

起業する内容によってはクラウドファンディングで資金調達を行うのもおすすめです。

クラウドファンディングとはインターネット上のサイトを使って出資者を募って資金を調達する方法で、実際にクラウドファンディングを行って資金を調達し製作された映画や商品化されたアイデアもあります。

クラウドファンディングと他の資金調達方法との違いは資金調達を行えるだけではなく、サービスや商品などの広告宣伝も同時に行えるのがメリットです。

起業をして行う事業が他にはないものや共感されやすいような内容の事業であればクラウドファンディングを選択肢に入れてみましょう。

実施する資金調達の選び方

ここまで一般的な起業にあたっての資金調達の方法について紹介しました。

しかし、実際に資金調達を行おうと考えた時、どの方法で資金調達すればいいのか迷うことが多いです。

では、起業をするにあたって資金調達を行う場合、どういったことに注意して選ぶといいのでしょうか。

続いては、起業にあたって資金調達を行う場合にどういった方法で行うか選ぶときのポイントについて紹介していきます。

調達したい額に合った方法を選ぶ

起業の資金調達にあたってまず大切なのが調達したい資金の額に合った方法で行うことです。

例えば100万円の資金調達を行いたい場合、さすがに友人や知人から借りることは難しい。

しかし、銀行や信用金庫、もしくは日本政策金融公庫の融資であれば資金調達を行える場合もあります。

どれだけの資金を調達したいかをしっかりと明確にし、適切な方法で資金調達を行っていきましょう。

資金調達後のことも考える

資金調達後のことを考えることも大切になってきます。

資金調達する方法によっては調達後返済の必要な方法もあります。

調達資金の返済が足かせとなり自転車操業状態になって企業自体が失敗してしまっては意味がありません。

そうならないようにするためにはしっかりと資金調達後のこともしっかりと考えて調達の計画を考えることが大切です。

まとめ

今回は、起業するにあたって必要な資金の調達方法について解説してきました。

どんな事業を始めるにしてもお金は必要で、自分で用意できない場合は何らかの形で準備する必要があります。

資金調達を行う際は自身に合った方法で無理なく行っていくようにしましょう。

副業から始めて少しずつ起業を充実させていくことはメリットが多い

インターネットが発達した現在では、個人が起業するハードルは低くなっています。

本格的な起業の場合もあれば、副業で行うようなプチ起業もあります。

起業は、時間が自由になり、自分の興味あることで生計を立てる点に魅力があります。

まずは副業としてスタートさせていくことが無理のない方法です。

安定した収入を維持しながら起業を行う

起業を志す場合に課題になるのは、資金や生活費です。

会社に所属して安定的な給与をもらっていた人が、会社を辞めて起業するのはリスクがあります。

自営業は収入が不安定であり、会社のように様々な点で守られているわけでもありません。

体調を壊して動けなくなれば、その瞬間から収入がなくなります。

十分な貯金額や生活費の目途を立てた上で起業することが大切です。

そのためには、現在の会社で働きながら、まずは副業として取り組むことが効果的です。

安定した収入を維持しながら、休日などの自由な時間を使って少しずつ起業に取り組んでいく方法です。

万が一起業に失敗しても生活に困ることはないため、精神的にも落ち着いた形で進めることができます。

副業でスタートすることで十分な準備が可能

副業で起業するメリットは、起業とは何かを学びながら進めることができる点です。

本やサイトなどで起業に対する知識はいくらでも得ることができます。

しかし、実際に自分で取り組んでみなければわからない部分も多くあり、経験値が求められます。

起業の進め方、仕事内容、資金管理、問題への対処など、その都度課題を克服しながら形になっていきます。

副業で始めれば時間的余裕があり、たとえ失敗しても勉強代として考える心の余裕を持つことができます。

どの程度まで収入を上げることができるかを、副業の段階でつかむこともできるため、本格的に独立して起業する場合の目安になります。

起業のレベルによって必要経費にも違いがありますが、自分が行う仕事が月々どの程度の経費がかかるかについても試算できます。

副業への取り組みを通じて自分の特徴を知る

起業には、明確な目的意識が必要です。

自分自身で「これに取り組みたい」と思うものを持つ必要があります。

起業での仕事内容は範囲が広く、自分に向いているものもあれば、全く向いていないものもあります。

自分の長所を知った上で、それに合った仕事を選ぶことが大切です。

まず副業を通じて、自分自身の特徴を改めて認識する必要があります。

自己認識が深まれば、そこからどのように収入を出していくかの具体的なプランを作成することができます。

これらのことを十分に検討する時間を持つためには、時間的余裕のある副業から始めることが効果的です。

仕事を受注してみることが大切

自分の特徴の活かし方を確認する手段として、まずは副業で仕事の受注をしてみることが有益です。

現在では、クラウドソーシングを通じて仕事の受注ができる便利な方法があります。

クラウドソーシングは、仕事を求める人と仕事を発注する人が登録しており、両者をマッチングさせるサイトです。

仕事の受注者は、自分で仕事相手を探す必要がないメリットがあります。

ライティング、デザイン、サイト作成、システム開発など何か得意分野があれば、その特技を活かすことができます。

自己ブランディングを行い顧客を獲得する

自分自身で顧客を探す場合は、提供できるものを明確にして、サイトやブログ、SNSなどを通じて自己ブランディングをする必要があります。

これには多くの準備が必要ですが、成功すれば大きな収入につながります。

一気に全てをこなそうとすると仕事量が膨大になり、どれも中途半端になる恐れがあります。

できるところから取り組むことが大切です。

ブログに興味のある人は、ブログを通じて読者にとって有益な情報を配信し、そこから顧客獲得につなげていくこともできます。

SNSとブログやサイトを連携させて、アクセスアップを図ることも効果的です。

起業が本格的になれば、今度は自分が発注者になってクラウドソーシングを利用することで、手間を削減しながら多くの仕事をこなすこともできます。

できるだけコストをかけずに起業を行う

副業で意識しておきたい点は、特に最初のうちは、無料でできることはできるだけ金銭をかけずに行うことです。

インターネットを利用した副業では、そこまで費用をかけることなく様々な副業が可能です。

もし独立して行うようになった場合に、今までのような安定した収入がなくなるため、資金管理は副業の時よりもシビアになります。

副業の段階で多くのコストを使ってしまうと、独立した時もそれが癖になり、資金面でピンチを招く可能性があります。

独立して起業すれば、会社勤務の頃には意識しなかった厳密な資金管理が必要になります。

経費を抑えながら、収入を上げていく方法を副業の段階でつかんでいくことは大切です。

まとめ

起業といっても、必ずしも独立を意味するわけではありません。

会社勤務を続けながら起業することも可能です。

本業を続けながら、余暇の時間を副業にあてるのは多くの負担になりますが、収入面を維持できる大きなメリットがあります。

自分の好きなことで収入を上げることに、意欲と喜びを持つ人が起業の適性として重要です。