パチンコ パシオン

パチンコ パシオン

アルの南南西2.5キロ)に宿営していた第28旅団で、騎兵1個中隊に砲兵2個中隊を付された旅団は27日の朝、宿営地を発して行軍しこの日は前哨部隊がセイユ川東岸まで進みました

 これと同時進行でヴォー(アル=シュル=モセルの北2キロ)の最前線付近にいた第25旅団が第27旅団と入れ替わってアンシーまで下がり、前哨がジュシー(同北北東2.8キロ)まで進出していた第26旅団本隊は逆にアルからヴォーへ前進して前哨を強化するのでした

 このメッス要塞南部には26日夕刻に仏第2軍団が進出し、これと対峙するのは第7軍団麾下の第14師団(第27、28旅団)と騎兵第3師団となります

 新たに進出した第28旅団はオニー(アルの東南東3.8キロ)付近で未完のサン=プリヴァ堡塁北側に陣取る仏軍要塞重砲兵の射程圏内に入り嫌がらせの榴弾砲撃を受けたたため翌28日、仏軍重砲射程圏外のプイイ(オニーの東5キロ)周辺へ主力を移して陣地を構築し始めました

同旅団の前哨はプイイ北郊外500mにあったサン=ティボ農場(現存せず)を拠点にナンシー街道(現国道D913号線)を跨いで、西はマルリー(オニーの東2.5キロ)北方のセイユ河畔から東はペルトル(プイイの北東4キロ)南西郊外までに展開します

 この第28旅団の両側には騎兵第3師団(騎兵第6、7旅団)が展開しました

 騎兵第6旅団は第28旅団左翼(西側)と連絡し、コアン=レ=キュヴリー(プイイの南西2.8キロ)に胸甲騎兵第8「ライン」連隊が、その北西2.3キロのプライエル農場(現存します)に槍騎兵第7「ライン」連隊半数がそれぞれ常駐し、西側オニーの南で槍騎兵連隊半数が第27旅団右翼(東側)と連絡します

 騎兵第7旅団は第28旅団右翼(東側)と連絡し、ポントワ(プイイの南東8キロ)に本隊が、前哨となった諸中隊がそれぞれオニー郊外、オート=リヴ農場(プライエル農場の東1キロ付近

現存)、シニー(プイイの東4キロ)に展開しています

あなたも好きかも:平和台 パチンコ 換金
 こうして、フォン・マントイフェル大将率いる普第1軍団(第1、2師団)と予備第3師団、フォン・シュタインメッツ大将が指揮する第7軍団の一部(第14師団)と騎兵第3師団がメッスのモーゼル東岸部隊の全てとなりましたが、仏は続く敗戦で大分数を減らしたとはいえ主力の第3軍団と第2軍団(計7個師団)、更に騎兵集団(2個師団程度)とメッス要塞守備隊がモーゼル東岸部隊に面しており、このおよそ8万強の敵と対峙し包囲網を維持するためには、メッス東の独軍は寡少に過ぎました

あなたも好きかも:東広島市 パチンコ 優良店
 このモーゼル東岸包囲網を強化するため、独本国では新たな軍団が編成されつつありました

あなたも好きかも:マネトレ
 これがメクレンブルク=シュヴェリーン大公にして普軍歩兵大将、フリードリヒ・フランツ2世が率いる「北独第13軍団」で、この軍団はメクレンブルク=シュヴェリーン大公国とブレーメン、ハンブルク両「自由ハンザ市」を策源地とする平時編成のままの「大型師団」、普第17師団とブランデンブルク州周辺の後備部隊からなる普後備第2師団を中核としていました

 両師団には8月25日、普大本営より前進命令が届き、それまで北方に睨みを利かせるために駐屯していたハンブルクとブレーメンから出発、鉄道によりライン=プファルツ地方のノインキルヒェンとホンブルクへ輸送され、この地で独第一軍に編入命令が下ってメッス東の包囲網に参加するため行軍を開始するのです

 攻囲軍司令官カール王子と独第一軍司令官のフォン・シュタインメッツ将軍は8月29日に第13軍団の編入を通告され、カール王子は同軍団に対して、まずは第1軍団の後方となるレ・ゼタン(メッス大聖堂の東15キロ)を目標に行軍するよう命じるのでした

メクレンブルク=シュヴェリーン大公フリードリヒ・フランツ2世 しかし、この独攻囲軍の兵力不足問題は僅か2日で解決します

 モルトケ参謀総長は「仏シャロン軍の状況を見るに、メッス攻囲軍からの援軍は必要で無くなった」として27日午後7時(カール王子の本営に到着したのは日付の変わった28日)、「前進を命じた2個軍団の行軍を止めよ」と命じた後、28日中に「2個軍団を再び攻囲軍配下に戻す」と通告するのでした

 既に2個軍団を要さずに西岸の包囲網を構築し直していたカール王子は、戻って来る第2、3軍団に対し、「包囲第一線より後方若干の距離を置いて」宿・野営し、「諸方面への援軍として何時でも動けるように」準備することを命じたのです

 29日、カール王子の命令に従い、本隊がブリエ(メッスの北西22キロ)まで到達していた普第2軍団はオブエ~ヴァルロワのオルヌ川北岸からブリエに至るまでに、エテン(ベルダンの東北東19キロ)まで進んでいた普第3軍団は街道(現国道D603号線)を逆戻りしてオルヌ川南岸のコンフラン(=アン=ジャルニジー)~ドンクール(=レ=コンフラン)の間にそれぞれ宿・野営を設けて待機に入りました