ガルパン パチンコ 104

ガルパン パチンコ 104

エーダリアは生真面目に頷き、シヴァルの後ろ姿を見送る

「成る程な

シヴァルは、予防接種も上手いのだな」「ええ、大騒ぎするつもりだった狐さんが、さっと注射されてしまって、目をぱちくりさせていたんです」「………………僕はさ、予防接種なんてしなくてもいいと思うんだよね」「おや、そのような処置をしていない生き物は、リーエンベルクの中では暮らせなくなりますが、構いませんか?」「ネア、ヒルドが虐めるんだけど…………」「ノア、またアルテアさんが一緒に予防接種に連れて行ってくれますから、次も頑張りましょうね」「…………ネア、確かアルテアは、ノアベルトが…………そうだと気付いていないんだよな?」片手で頭を押さえたウィリアムに尋ねられ、ネアはこくりと頷いた

するとウィリアムはどこか悲しげな目で、ノアを振り返る

「早めに本当のことを話した方がいい

アルテアでも、………多分だが、傷付くぞ…………」「ありゃ

あなたも好きかも:オーバーロード スロット at
………僕だって、これでも衝撃を緩和出来るように時期を図ってるんだよ」「ネイ、私も、そろそろアルテア様にはお伝えした方がいいと思いますよ

…………おや、」そこで、ヒルドが顔を上げた

あなたも好きかも:深夜営業 パチンコ 京都
一足先に異変に気付いていたネアは、既に上空に視線が釘付けである

曇天から差し込む僅かな陽光を遮り、死者の国を表現した山車の上空に、見たことのない黒い塊が出現していた

小さな黒い渦のようなその物体は、よく見れば小さな生き物の集まりのようだ

危険を察した観客達はさっとお面をかぶり、周囲は奇妙な髑髏面の人達だらけになる

あなたも好きかも:パチンコ ハイスクールdd 199
「むむぅ

こちらに来ますね………」上空の塊が目指すのは、とある山車のようである

ネアが不安になって振り返ると、ウィリアムがどこか冷たい魔物らしい目をして深く微笑んだ

ネアは、上空からやって来る生き物達がとても不憫になった

「ネア、あれはな腐食症の妖精なんだ」体を屈めて穏やかな声でそう教えてくれたウィリアムは、ゆっくりと二歩ほど前に進むと、上空の黒い影を落ち着いた様子で見上げた

腐食症の妖精は、触れた肌を金属の腐食のように変質させて齧り取る妖精で、それを聞いた途端ネアは慌ててディノの腕の中に隠れた