パチンコ 分煙ボード

パチンコ 分煙ボード

「素手のサヤには厳しい

飛び道具相手は、相性が悪すぎる

 狙いは俺だから、サヤは隙を見て助けを呼びに……っ!」 別方向から射られた矢に、サヤは信じられない動きをした

あなたも好きかも:瑞穂 パチンコ 閉店
 腕を振ると、折れた矢が、足元に落ちる

「どうとでもなります」 怒りの篭った顔で、俺を一瞬睨め付けてから、視線を木立の方に向けた

あなたも好きかも:ゾンビ ぱちんこ
 全身から闘気を発散させるように、サヤの気配が膨らんだ気がした

「次言うたら許さへん

私を誰の従者やと思うてるん?」 騎士のような、凛々しいサヤが、ただ立っているだけなのに、空気を支配していた

あなたも好きかも:スロット 台 椅子
 次の矢は飛来して来ない

警戒しているのかもしれない……、目にも留まらぬ動きで、手を振っただけで、飛ぶ矢を叩き落としたのだから

だが、このままで良い筈がないな

相手が複数いるのだから、一度に矢を射られたら対処できない

そして、程なくそうしてくるだろう

 サヤは一人では逃げてくれない

なら、二人で逃げるしかないか

「サヤは泳げる?」「泳げる」「じゃあ、すぐ後ろ、真下に落ちる」 川は緩やかな曲線を描いている