バドミントン・ヒーロー

バドミントン・ヒーロー

類稀な美女めいた容貌も、もはや見慣れてしまった

「なんだ?」「なんだとはなんじゃ

わしがせっかく尋ねてきてやったというに」 彼女が、憤然といった

あなたも好きかも:化物語 スロット セカンドシーズン 打ち方
彼女の挙措動作は、どこかミリュウを思い起こさせた

本質的にドラゴンたるラグナが人間らしく行動する上での参考としたのが、ミリュウを始めとする周囲の女性陣なのは明らかだ

セツナに平然と抱きついてきたり、腕を絡めてきたりするのも、ミリュウの影響のようだった

ただ、ラグナの場合は、ミリュウとは違って、セツナの顔に触れてくることが多かった

あなたも好きかも:海 スロット そに子
ドラゴンのころからの癖のようなものだ

「少々扱いがぞんざいではないか?」 胸を張るように睨めつけてきた彼女が身に着けているのは、女性物の衣服だ

長袖の白い服に丈の長いスカート、革靴

それら衣服を提供してくれたのはルヴェリスであり、ラグナとセツナが身に着けている衣服はすべて、ルヴェリスの作品であるということだった

 ルヴェリスは、本質的には芸術家であり、衣服の意匠さえも自分で考えるという

「おまえだからいいだろ」「む……」「下僕だしな」「ぬう……確かにのう」「納得するのか」「下僕じゃからのう……」 しょんぼりと肩を落とすラグナの姿にセツナは、なんともいえない気持ちになった

小飛竜のままならばそこまで感じるものもなかったかもしれないが、人間形態だと妙にいたたまれなくなるのはどういうことなのだろう