パチンコ 逆シャア 評価

パチンコ 逆シャア 評価

「あれ、ヒスイさん

担当って鯉(こい)のうま煮じゃなかったっけ」 俺が尋ねると、ヒスイさんはエナジー包丁の動きを止めずに返す

「鯉のうま煮と各種煮しめと梅ニンジンを並行して作っています」「お、おう

手際いいな……」「担当が終わり次第、他の方のサポートにつこうかと」「……了解

順調なようでよかったよ」 俺はそう言って、隣のタナカさんの方へと移動する

あなたも好きかも:診断メーカー スロット 作り方
『さすがヒスイさんです』『料理用プログラム使って本気出しているんだろうなぁ』『最初は品数多くてどうなるかと思ったけど、アンドロイド三人いるなら安心だな』『包丁も金属製じゃないし』 視聴者の言うとおり、金属ではなくセラミック製らしき包丁を使って、カマボコを切っているタナカさんが見えた

 さすがに彼も慣れない料理でいきなり金属の刃を使うのは、ハードルが高かったのかもしれない

 俺は、包丁を慎重に使いこなすタナカさんの横からゆっくりと近づいていき、驚かせないように声をかけた

あなたも好きかも:スロット マクロス ゾーン
「タナカさん、調子はどう?」「ん? ああ、この形になるまで、なかなかハードだったよ……」「カマボコ作りなぁ

俺も市販のカマボコを切るだけだと思っていたんだが、まさかヒスイさんが魚から用意するとは思わなかった」「身をすりつぶすのにフードプロセッサーがなかったら、今頃疲れて倒れていただろうね」「21世紀の旧式設備ですんません……」 エナジー包丁は用意したが、他の設備が21世紀の道具ばっかりにしてしまったんだよな

 アンドロイドでもないのにそれを見事に使いこなしたタナカさんは、正直言ってすげえ

「よし、全部切り終わった

紅白でめでたいね」 タナカさんは、切り分けたピンク色と白色のカマボコをそれぞれ一つずつ手に取って、カメラ役のキューブくんに見せつけた