ユニバ スロット 新台

ユニバ スロット 新台

場面が変わった

なんと俺たち三人が宇宙の中で浮いて、こちらを眺めている記憶だ

「なあ、これって……」「つい、さっきの記憶よね

あなたも好きかも:ゼットン スロット
 そうか、そんなに私たちとの出会いが印象的だったか……」「ビッグヘッドが居ないぞーあと裸の二号もー」セイがキョロキョロと辺りを見回す

あなたも好きかも:ラスベガス スロットマシン 空港
美射が真面目な顔で「えっとね、裸の私の方は、恐らくラヴェールが 平行世界の私が精神世界を通ってこっちの世界に 転移してきた瞬間を見ていたという記憶なのよ

 だからあの後に、どうなって今まで存在していたかは 私には分からない」「ビッグヘッドはどこだ? あれがセイ様たちを見ていた記憶なら 居ないとおかしいだろ?」美射は少し苦笑しながら「記憶のどこにも、ずっとラヴェールは出てこなかったでしょ? あの記憶の殆どはラヴェールの主観視点なのよ

 だから、記憶で私たちが最初に立っていた位置が あいつが当時見ていた場所ね」あの校舎での記憶以外はそうなのだろう

「そうかー

だとしたらビッグヘッドは あの食卓の記憶でも、自分の中に自分が居なかったのか?」確かに俺たちは外から食卓を見ていた

「でしょうね……普通の家庭を持ってみても、のめり込めずに 広い視野で客観視していたんでしょうね」「なんか、寂しいな」俺がつい呟くと、セイが「おいーサイコパスのアホに同情するなー

あなたも好きかも:ラスティ オンラインゲーム
 セイ様はとっとと、目的を果たして 帰って酒飲みたいんだー」「しっ、ちょっとセイちゃん黙って 気配が……居るは、すぐ近くに」美射が辺りを見回すと"代わって……"とか細い声が周囲の空間全体に響く

美射はキッと周囲を睨みつけながら「私の世界よ!あんたは、元の場所に帰りなさい!」「そうだぞー

セイ様に酒を飲ませろー」セイのだらけた声にも、美射は表情も変えずに警戒を緩めない

俺には声は聞こえたが気配はまったく感じられないのでとりあえず美射の背後についてセイと共に、死角をカバーする

"たくさん待ったの……代わってよ"美射の声だ