起業するなら個人事業でそれとも会社設立?双方のメリットは?

いざ起業しようと思った時に結構迷うのが、個人事業での起業かそれとも会社の設立か、この二択です。

特に個人営業でも充分だと思う、自宅での店舗の開業などは、これどちらにして届け出たほうが有利なのか迷いますね。

法人と個人、どちらが起業するのにメリットが有るのでしょうか。

中間サイズの起業だとどちらがいいか迷う

最初から何百億円もの資金を投入しての起業なら、もうこれは会社組織という感覚です。

実際に、会社を作りたいので資金を頑張って用意した、と言う感じですね。

一方、家でパソコンとかを利用してネットであれこれ仕事、これを起業しておこうと思ったら、まず個人事業です。

後に大きくなりそうな予感がしているならともかく、普通に考えるとこの場合は個人営業で充分ですし、まあ資金もパソコン代とネット料金くらいで済みます。

しかし迷うのが、中規模の起業です。

中小企業、会社を起こす場合はまあともかくとして、いわゆる自営のスタイルと規模の場合ですね。

例えばリタイア後に、自宅もしくは店舗を借りてレストランを始める、何かのお店を始めるなどです。

こうした場合、まあ自分と家族だけでスタッフも足りるし、個人営業でいいかと思う人は多数です。

しかしいっそ会社組織にしておいたら、と迷うのもこの規模の営業者が最も多いですね。

中間規模の企業の場合、店舗などの場合はこれは本当に悩ましく感じるものです。

会社組織の企業と個人営業

実際起業する場合、最初の手続きと貸金の問題はやはり大きいです。

資金については、企業の規模で大きく違ってきますが、ある程度以上の規模の仕事の場合やはり多少の借金は必要になってきます。

いわゆる会社の場合も、オフィスを借りたり内装や備品にかける資金も、馬鹿になりません。

サービス業での起業も、店舗の改装や内装備品、最初の大きな仕入れなどの問題も出てきます。

完全個人で家での仕事で無い限り、多かれ少なかれ資金は必要です。

これは個人営業と会社組織で、お金の単位の差はあれど必要であることに変わりはありません。

ただそれを調達するという点で、会社組織にしておいたほうが有利ということは、実はあります。

そして届け出に関してですが、これに関しては個人営業のほうが格段に楽にすみます。

また税計算、あの面倒な計算が、法人よりも楽にできるというのが、個人事業のメリットです。

さて、どちらがよりメリットが大きいのでしょうか。

会社組織にするか個人営業にするか

ではこの2つ、どういった違いがあるのかも見ていきましょう。

手続きの問題の他にも、メリット・デメリットそれぞれあるものです。

手続きが面倒で税計算も面倒なのは法人だが

手続きに時間も費用もかかるのが、会社設立の起業です。

税金の計算も、正直個人営業に比べると面倒です。

その代わり、個人営業と比較すると必要経費などの計上できる費用の幅が広いのです。

先々の節税を目指すなら、当初は面倒でも会社組織の起業をしておくのがおすすめです。

また個人事業に比べると社会的信用度が上になるのが、会社組織です。

融資も受けられやすくなりますし、取引先の会社との関係もスムースに行く、有利になるメリットがあります。

リスクに関しては会社組織は

起業というものには、リスクもつきものです。

お店の経営というのは何よりも水物です。

利益がどの程度になるか、実際にやってみなくてはわかりません。

会社組織にした場合最も問題なのが、たとえ赤字でも法人税が発生するなどのコストに関するデメリットです。

売上とかに自信のない場合、もしくは思ったように行かない場合、会社組織であることでリスクが増してしまうのですね。

中間規模の経営を個人にするか会社組織にするか迷ったら

中間規模というのは本当に、どちらにすればいいのか迷う事おびただしいです。

手続きの煩雑さやリスクの大きさを考えると、個人営業のほうがいいような気もします。

しかしその後の取り引きのことや、銀行の融資のことを考えると、会社組織のほうが有利とも思えます。

こうした場合には、いわゆる法人成りというものを考えてみるのがおすすめです。

個人事業で開始しても、それを続ける必要はないということです。

当初の売上とか運営に不安があって、それを軽減したい場合はまず個人事業で開始するのです。

開始後にうまくいくような手応えがあった場合、個人営業を法人化します。

これを法人成りというのです。

この法人成りの時期についてですが、これも時期を見てということになります。

いくつかこの時期というものがありますが、最もわかりやすいのは利益が500万を超えたあたりです。

この程度の利益の場合、法人の方が税金額が低くなるのです。

ただこの法人成り、細かく見ていくと必ずやるべきとは言えない点もあります。

充分に調べて後、行うことがおすすめです。

まとめ

お店経営などでの起業は、個人か会社か本当に迷うものです。

利益が見込めるなら最初から会社組織にしたほうが、融資などの問題がうまくいくのでおすすめです。

しかしそうでない場合、やはり簡単な手続きで始められる個人事業で様子見というのも悪くありません。

よく調べて考えて、当事者にメリットの多い方を選ぶようにしてください。