女性のひげ!太くて濃いひげの除去方法

女性のひげ!太くて濃いひげの除去方法

ヒゲと言えば男性というイメージですが、実は最近では女性のひげが話題となっています。実際に女性のあごや鼻の下に濃いひげが生えてくるというのです。女性に濃くて太いひげが生えていたら、男性は驚きを隠せないことと思います。しかしこのような現象は、女性の中ではとても大きな問題となっているのです。

どうして女性のひげが濃く生えてくるのかというと、男性ホルモンが女性ホルモンの量を上回ってしまうからという話があります。男性ホルモンというのは、あごや鼻下のひげを生やすために必要なホルモンなのですが、女性ホルモンが多い女性というのは男性ホルモンの働きを抑制する事があります。

しかしひげが濃い、太い、たくさん生えると言う女性は男性ホルモンの働きが活発だという事になります。つまり女性ホルモンが減少、もしくは働きが低下しているという可能性があるのです。男性ホルモンが優位に働いてしまうと、ひげが濃くなるのは当然なので何らかの原因で女性ホルモンが分泌されにくくなっているのかもしれません。

ひげをどうやって除去すればいいのか?

実はあごや鼻下のひげというのは、毛抜きで抜いても剃刀で剃っても次から次へと生えてきます。そしてさらに太く濃いひげが生まれてくるのです。これではキリがありませんので、出来ることならば永久脱毛をするのが効果的だと考えられます。

抜き続けることや剃り続ける事で、皮膚がダメージを受けてしまうので、皮膚が色素沈着を起こしてしまい、黒ずんでしまいます。これではひげの対処どころではなく、余計に目立ってしまいますので危険です。あまりにも濃くて太くてたくさん生えるひげに悩んでいるのであれば、脱毛をしてしまうのがお勧めです。

美容外科でレーザー脱毛や電気脱毛をすると、永久脱毛ができますのでひげが一切生えてこなくなります。しかし値段もそれなりにかかりますし、痛みも結構感じると言う人が多いので、脱毛をするときにはよく相談をしてから行うようにしましょう。

不眠症を治すために出来ること

不眠症を治すために出来ること

不眠症かもしれないと思ったら、まずは自分の生活習慣を見直してみてください。寝る前に寝付けなくなる何かをしている可能性もありますし、ただ単に寝過ぎている可能性もあります。そういった事も踏まえつつ、不眠に対して悩んでいる方は病院を受診してみてください。

不眠症を治療するには、病院で不眠症だという事を診断してもらってからになります。一般的には睡眠薬などで眠れるようにするのが治療だと思われていますが、それだけではありません。原因がどこにあって、その原因を改善するには何をしたらいいのかを考えながら、治療を進めていきます。

ですから、乱れた生活習慣や間違っている睡眠習慣の状態で生活をしている人は、生活自体を見直していき不眠を改善していく事もあります。他にも心に何か不安を抱えている場合や、精神疾患がる場合にはそちらの治療も行いながら不眠に関連しているものを取り除いていく事になります。

ちなみに薬を使わないでも不眠症を治す事が出来るという事例もあります。不眠の原因が寝る前にお酒を飲んでいることや、寝る場所がおかしいなど間違った睡眠を取っている場合であれば、環境を改善することで不眠が治ります。こういった原因の場合には、生活習慣に対しての指導というものを医師にしてもらって、自分で改善していく事ができます。

その他には、睡眠時間が大きくずれてしまっている人などに対して、高照度光という光を一定時間照射していくことで睡眠の時間をずらして治していくという方法があります。生体リズムの周期に働きかける事が出来る方法なので、不眠の原因が睡眠時間の大幅なずれなどにある場合に有効です。

このように薬を使わなくても不眠症を改善する事は可能です。ただ、精神的な病気などにかかっている人は、精神安定剤や睡眠薬を使用することもあります。薬で大元の原因にアタックしながら、少しずつ不眠を解消していく事となるでしょう。ちなみに不眠症だと思い込んでしまい、自己判断で強い睡眠薬を毎日飲むようにするなど無理をすると、悪い影響を体に与える事になりますので、注意してください。

セロトニンの役割と増やし方

セロトニンの役割と増やし方

セロトニンという脳内物質についてお話をしていきましょう。

セロトニンの働き

セロトニンは脳内から分泌される物質で、精神を安定させる為のものとして欠かせない物質となっています。精神的に不安を感じたりストレスを感じる時に、その感情に対して落ち着いて!という指令を出してくれるのです。セロトニンは、ストレスを上手く緩和してくれるとても役立つ物質です。

そして夜になり寝る時間が近づくとセロトニンは「メラトニン」という睡眠ホルモンに変化していきます。メラトニンというのは、睡眠に入る為に必要なホルモンで、寝つきを良くして良質な睡眠時間をキープする為に必要不可欠なものとなっています。

このように、セロトニンというのは生活をしていく上で、とても重要な役割を担っているという事が分かります。

不足すると体調不良に!

セロトニンが不足すると、うつ状態になることや自律神経失調症になる事があります。その他にもパニック障害など、様々な精神疾患に関係しているのです。脳内物質のセロトニンが減少することで、引き起こされる体調不良はセロトニンが減少しないようにしてあげれば改善します。

セロトニンを増やそう!

セロトニンを増やすには、朝起きてからしっかりと日の光を浴びる事が重要となります。日光を体に当てる事で、セロトニンが生成されるので減少を食い止める事が出来ます。そして適度に運動をしなければセロトニンが減少するので、健康維持程度の運動で構わないので毎日歩くなどの運動を取りいれましょう。

他にも、トリプトファンとビタミンB6といった栄養成分を摂取すると、セロトニンが増えていきます。食事の中で取り入れる、サプリメントで補うなどして摂取していきましょう。

ちなみに、簡単なことではありますが、一般的な規則正しい生活を送ってさえいればセロトニンが減少することはありません。朝起きて、日を浴びて、運動をして、食事の栄養バランスを考える・・コレだけでもセロトニン不足を回避する事ができますので、頭の中に入れておきましょう。

ファスティングってなに?どんな効果があるの

ファスティングってなに?どんな効果があるの

ファスティングという新しいダイエット方法が人気を集めています。ファスティングは断食をすると言うのが基本的な方法なのですが、体の中をキレイにしてリセット出来るという事で、人気を集めています。

ファスティングの効果

人間の体は日々の生活で、少しずつ有害物質を体内に蓄積してしまっています。体の機能が低下している場合には、この有害物質を適切に排出する事が出来なくなっているので、蓄積する一方となってしまいます。そして内臓がどんどん弱くなってしまいますので、健康被害も出てくるようになります。

ここでファスティングをすると、内臓をしっかりと休息させてあげる事ができ、内臓が活発に働き始めるという効果が生まれます。そして体内に蓄積された有害物質も無事に排出されていき、体の中がキレイになっていくという効果が得られるのです。

体の中が健康になったところで、ダイエット効果も高まりますので運動をしたら、その効果が如実に洗荒れてくるなど実感できるようになります。

ファスティングのやり方

ファスティング=断食というのが基本的な部分になりますので、1日~2日程度を目安として、断食を行います。ただ、何も食べないというのではなく「酵素ドリンク」を1日に3回程度飲む事で、さらなる効果が期待できるとされています。

酵素ドリンクを飲みながら、固形物は口にせず、1日または2日断食するのが人気の方法となっています。もちろん水やお茶などは飲んでもOKなので、脱水症状を引き起こさないように注意しながら、進めていきましょう。

注意点

ファスティングというのは、体調が悪い時に行ってはいけません。当たり前ですが、断食をするという事で栄養は体に入ってこないので、体力が無いときや風邪を引いている時などに行うと、その症状が悪化する可能性があります。

まずは体の調子を整えておき、元気な時にファスティングを始めるようにしてください。そして具合が悪い時にはすぐに中止するようにしてください。

睡眠薬を勝手に飲むのはNG!副作用も考慮して

睡眠薬を勝手に飲むのはNG!副作用も考慮して

睡眠薬を使ってぐっすり眠ってみたい!という人がいますが、何も体に問題がないのに睡眠薬を使う事は、お勧めしません。睡眠薬というのはあくまで薬なので、副作用もありますし健康な人が使用するのは、少々問題があると思います。

まず睡眠薬が必要な人というのは、不眠に陥ってしまっている場合や一度寝てもすぐに目が覚めてしまい、寝付けなくなるなどの症状がある人です。さらに精神的な疾患を持っている人も、眠りに関して恐怖心がある場合があるので、そういった時にも睡眠薬が必要だと考えられています。

睡眠薬と言っても、とてもたくさんの種類がありますし、その効果もそれぞれ異なっています。「超短時間型・短時間型」と呼ばれている部類の睡眠薬は、3~4時間程度で薬の効果が切れてしまいますので、寝付けない人が飲む事の多い睡眠薬です。「中間型・長時間型」と呼ばれている部類では、寝てもすぐに目が覚めてしまう人や、寝ていたいのに早朝に目が覚めてはいつまでも眠れないなど、眠りたくても眠れないという問題を抱えている人に効果的です。

では、寝つきが悪いけれども睡眠時間は6~8時間程度取れているという人が、睡眠薬の力ですんなりと寝付きたいと考えた場合どうしたらいいのか?というと、睡眠薬は飲まない方がいいと考えられます。眠気は襲ってくるかと思いますが、副作用によって起きたときの倦怠感を味わう事もありますし、ボーっとした感覚で1日を過ごす事になる場合もあります。ですから、容易に睡眠薬に頼ろうとしてはいけません。ましてや自己判断で勝手に飲むと言うのもやめてください。

最近では、睡眠薬ではないのですが寝つきを良くする為の薬が販売されているので、薬局で薬剤師に相談をして購入するのもいいでしょう。どうしても眠りに関して悩んでいるというのであれば、病院で診断をしてもらうのが1番です。勝手に睡眠薬を飲むと、副作用で悩まされという悪影響が大きく出てくる可能性がありますので気を付けてください。